目次      
原発団体7 、個人909、雑誌2057
電力2273,エネルギー2524
石油2815,石炭2911,ガス3052
原発
 書名 著者名 発行者 発行年
3.11の記録 東日本大震災資料総覧 原発事故篇 「3.11の記録」刊行委員会(編集代表 山田健太・野口武悟) 編 日外アソシエーツ 発行/紀伊國屋書店 発売 2013.7
原子力年鑑 2015 「原子力年鑑」 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2014.10.26
原子力年鑑 2016 「原子力年鑑」 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2015.10.26
原発を廃炉に! PART2―1万人原告の挑戦 「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団 編著  花伝社 発行/共栄書房 発売 2013.4
原発をやめる100の理由 「原発をやめる100の理由」日本版制作委員会 著 築地書館 2012.9
続 伊方町誌 「続 伊方町誌」編集委員会 編 伊方町 2005.3
訴状 「生業を返せ、地域を返せ!」 福島原発訴訟〜私たちが取り戻したいのはもとどおりの生活〜 「生業を返せ、地域を返せ!」 福島原発訴訟原告団・「生業を返せ、地域を返せ!」 福島原発事故被害弁護団 編集・発行   2013.7
生きている 生きてゆく ビッグパレットふくしま避難所記 「ビッグパレットふくしま避難所記」刊行委員会 編集・発行 アム・プロモーション 発売 2011.9
玄海原発は大丈夫か? (シリーズ故郷と“地元”原発を考える) 「故郷と“地元”原発を考える」編集部 編 ゴマブックス 2011.7
までいの力 福島県飯舘村にみる一人一人が幸せになる力 「までい」特別編成チーム 企画編集 SAGA DESIGN SEEDS 2011.4
原子力発電とはなにか・・・―そのわかりやすい説明 「緑の会」 (編集責任者 広瀬 隆) 編 野草社 発行/新泉社 発売 1981.01.31
「最先端技術の粋をつくした原発」を支える労働 『学習の友』編集部 編/樋口 健二・渡辺 博之・斉藤 征二 著 学習の友社 2012.06.20
日本の原子力発電 20年の節目を迎えて 『月刊政策』政治月報社 編集・発行   1984.02.15
東日本大震災―環境的側面の検証と今後 『資源環境対策』改題『日中環境産業』別冊 (Vol493) 環境コミュニケーションズ 2013.2
原発依存国家 『週刊SPA!』原発取材班 著 扶桑社 2013.9
巨大地震 権威16人の警告 『日本の論点』編集部 編 文藝春秋 2011.8
原発再稼働なんてできない! 溜まり続ける使用済み燃料 『はんげんぱつ新聞』編集部 編 反原発運動全国連絡会 2013.4
残された選択は 廃炉しかない!! 『はんげんぱつ新聞』編集部 編 反原発運動全国連絡会 2015.10.26
2011年度公募委託調査研究報告書 大震災・原発とメディアの役割―報道・論調の検証と展望― 『メディア展望』 編/目原 義徳・堀内 眞里 編集協力 新聞通信調査会 2013.1
日本原子力発電三十年史 30周年記念事業企画委員会 編 日本原子力発電 1989.3
日本原子力発電三十年史 31周年記念事業企画委員会 編 日本原子力発電 1989.3
日本原子力発電五十年史 付(別冊) 50周年事業企画推進委員会五十年史編さん事務局 編 日本原子力発電 2008. 10
日本原子力発電五十年史 付(別冊) 51周年事業企画推進委員会五十年史編さん事務局 編 日本原子力発電 2008. 11
JCO臨界事故と日本の原子力行政 安全政策への提言 JCO臨界事故総合評価会議 編 七つ森書館 2000.9
ドキュメント東日本大震災 救助の最前線で Jレスキュー編集部 編 イカロス出版 2011.9
成功するソフトエネルギー 切抜帖 1973-1991 MEROS同人 編集・発行 水星舎 発売 1991
資料集 六ヶ所村原子燃料サイクル施設 安全宣伝集 合冊 MEROS同人 編集・発行 水星舎 発売 2002.8
2011.福島原発事故の裏側 Nepentha 著 文芸社 2012.5
ホットスポット ネットワークでつくる放射能汚染地図 NHK ETV特集取材班 著 講談社 2012.2
原発メルトダウンへの道 原子力政策研究会100時間の証言 NHK ETV特集取材班 著 新潮社 2013.11
NHKスペシャル〞シリーズ21世紀W いま、原子力を問う 原発・推進か、撤退か  NHK取材班 著 日本放送出版協会 1989.8
メルトダウン 連鎖の真相 NHKスペシャル『メルトダウン』取材班 著 講談社 2013.6
明日へ 東日本大震災 命の記録 NHK東日本大震災プロジェクト 著 NHK出版 2011.8
GIVE ME WATER Testimonies of Hiroshima and Nagasaki       A Citizens'Group to Convey Testimonies of Hiroshima and Nagasaki    1972.3
NUKES MANUAL 原発のない未来への参考書 BAP(ブロードキャスト アート プランニング) 企画・制作 大和書房 1989.1
Recent Research Activities about the Chernobyl NPP Accident in Belarus,Ukraine and Russia Edited by IMANAKA T. 京都大学原子炉実験所 2002.8
原発を再稼働させてはいけない4つの理由 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2012.3
脱原発と自然エネルギー社会のための発送電分離 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2012.9
日本経済再生のための東電解体 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2013.3
「原発事故子ども・被災者支援法」と「避難の権利」 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2014.4
原発を再稼働させてはいけない5つの理由 eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2014.8
FUKUSHIMAレポート 原発事故の本質 FUKUSHIMAプロジェクト委員会(水野 博之、山口 栄一、西村 吉雄、河合 弘之、飯尾 俊二、仲森 智博、川口 盛之助、本田 康二郎) 日経BPコンサルティング 発行/日経BPマーケティング 発売 2012.1
福島第一原発事故 7つの謎 NHKスペシャル『メルトダウン』取材班 著 講談社 2015.01.20
証言記録 東日本大震災 NHK東日本大震災プロジェクト 著 NHK出版 2013.2
証言記録 東日本大震災 U NHK東日本大震災プロジェクト 著 NHK出版 2014.2
それでも、生きる。NHK取材班が聴いた被災地3000人の声 NHK報道局社会部 著 イースト・プレス 2012.12
大震災 日本列島が揺れた 高校生・高等専修学校生75人の記録 NPO法人 仕事への架け橋 編/まど・みちお 画 小峰書店 2012.7
特集 東日本大震災から1年 620 (2012年5月)号 新聞ダイジェスト社 2012.4
特集 原発とエネルギー政策C 原発事故調最終報告 627 (2012年9月)号 新聞ダイジェスト社 2012.8
放射能ホットスポットマップ OAK-MOOK編集部 編 オークラ出版 2011.9
OECD/NEA 原子燃料サイクルの経済性 OECD/NEA 著/「原子燃料サイクルの経済性」翻訳小委員会 訳  日本原子力産業会議 1985.11
原子力施設のデコミッショニングのための規制行為―翻訳版― OECD/NEA出版部 発行/原子力研究バックエンド推進センター 訳・編 原子力研究バックエンド推進センター 2001.9
アヒンサー 未来に続くいのちのために原発はいらない 第1号 PKO法「雑則」を広める会 編集・発行   2010.7
オキュパイ 大飯の乱―ドキュメント 2012.6.30〜7.2 quema、春摘紅子 編・制作/福岡 智恵 装画・挿絵・装丁 原発再稼働反対監視テント 企画・発行 2012.8
STOP!泊原発情報センターニュース 増刊号 さよなら原発社会!―私たちの提案― STOP!泊原発情報センター 編集・発行   1990.1
ロッカショ 2万4000年後の地球へのメッセージ STOP‐ROKKASHOプロジェクト 著 講談社 2007.12
いま「原発」「復興」とどう向き合えばいいのか Voice編集部 編 PHP研究所 2013.2
原子力豆知識 青森県 企画部企画調整課エネルギー担当 編 青森県原子力PA連絡協議会 1997.3
原発の深層―利権と従属の構造 赤旗編集局 著  新日本出版社 2012.2
原発の闇―その源流と野望を暴く 赤旗編集局 著  新日本出版社 2011. 10
原発とメディア 2◆3.11 責任のありか◆ 朝日新聞「原発とメディア」取材班 著 朝日新聞出版 2013.7
核燃マネー 青森からの報告 朝日新聞青森総局 著 岩波書店 2005.7
原発の現場 東電福島第一原発とその周辺 朝日新聞いわき支局 編 朝日ソノラマ 1980.7
3・11後 ニッポンの論点 朝日新聞オピニオン編集部 編 朝日新聞出版 2011.9
核燃料 探査から廃棄物処理まで 朝日新聞科学部・大熊由紀子 著 朝日新聞社 1977.2
検証 東電テレビ会議 朝日新聞社 奥山 俊宏/小此木 潔/木村 英昭/杉本 崇 著 朝日新聞出版 2012.12
朝日新聞縮刷版 東日本大震災 特別紙面集成 2011.3.11〜4.12 朝日新聞社 著 朝日新聞社 発行/朝日新聞出版 発売 2011.5
朝日市民教室 〈日本と核時代〉 別巻 原子力ハンドブック 朝日新聞社 編 朝日新聞社 1970.4
朝日新聞報道写真集 2012  2011年1月〜12月 朝日新聞社 編 朝日新聞出版 2012.1
原子力発電の手引 ●社内報告174● 朝日新聞社調査研究室 編 朝日新聞社 1977.7
原子力の利用と展望 社内用62 (1957・2・15)  朝日新聞社調査研究室 編集・発行   1957.2
生かされなかった教訓 巨大地震が原発を襲った 朝日新聞取材班 著 朝日新聞出版 2011.6
それでも日本人は原発を選んだ 東海村と原子力ムラの半世紀 朝日新聞取材班 著 朝日新聞出版 2014.2
それでも日本人は原発を選んだ 東海村と原子力ムラの半世紀 朝日新聞取材班 著 朝日新聞出版 2014.02.28
生きる 原発避難民のみつめる未来 朝日新聞特別取材班 著 朝日新聞出版 2012.6
プロメテウスの罠 明かされなかった福島原発事故の真実 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2012.3
プロメテウスの罠2 検証! 福島原発事故の真実 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2012.7
プロメテウスの罠3 福島原発事故、新たなる真実 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2013.2
プロメテウスの罠4 徹底究明! 福島原発事故の裏側 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2013.4
プロメテウスの罠5 福島原発事故、渾身の調査報道 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2013.9
原発利権を追う 電力をめぐるカネと権力の構造 朝日新聞特別報道部 著 朝日新聞出版 2014.9
プロメテウスの罠6 ふるさとを追われた人々の、魂の叫び! 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2014.03.11
プロメテウスの罠7 100年先まで伝える! 原発事故の真実 朝日新聞特別報道部 著 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2014.08.12
原発利権を追う 電力をめぐるカネと権力の構造 朝日新聞特別報道部 著 朝日新聞出版 2014.09.30
闘う東北 朝日新聞記者が見た被災地の1年 朝日新聞東日本大震災取材班 著 朝日新聞出版 2012.3
原発が来た、そして今 朝日新聞福井支局 著 朝日新聞社 1990.6
国策の行方―上関原発計画の20年 朝日新聞山口支局 編著 南方新社 2001.8
2011・10・21 アジェンダ・プロジェクト学習講演会 国際反戦デー 池島芙紀子(ストップ・ザ・もんじゅ) 講演録―「原発のない社会」をつくるために反原発運動の経験を学ぼう― アジェンダ・プロジェクト 編集・発行 星雲社 発売 2012.2
ドイツ脱原発倫理委員会報告 社会共同によるエネルギーシフトの道すじ 安全なエネルギー供給に関する倫理委員会 著/吉田 文和、ミランダ・シュラーズ 編訳 大月書店 2013.7
東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故被災の記録 〈第1版〉 飯舘村2年間のあゆみ 平成23年3月11日から平成25年3月11日まで 飯舘村 編集・発行   2013.3
傷つけられた世界を癒すために―3・11後に日本で環境・原発問題について考える― イエズス会社会司牧センター 編集・発行 教友社 発売 2012.06.30
原子力と安全性論争 伊方原発訴訟の判決批判 伊方原発行政訴訟弁護団/原子力技術研究会 編 技術と人間 1979.6
伊方原発訴訟 資料2 伊方原発訴訟を支援する会 編集・発行   1973.12
伊方原発訴訟 資料1 伊方原発訴訟を支援する会 編集・発行   1973.9
伊方原発訴訟 資料3 伊方原発訴訟を支援する会 編集・発行   1974.9
伊方原発訴訟 資料4 伊方原発訴訟を支援する会 編集・発行   1975.2
伊方町誌 伊方町誌改訂編集委員会 編 伊方町 1987.3
準備書面 (被控訴人(被告) 1) 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求控訴事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1979.2
準備書面 (控訴人(原告) 2)―スリーマイル島原子力発電所の事故は原判決の誤りを「実証」した― 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求控訴事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1979.5
準備書面 (控訴人(原告) 4)―スリーマイル島原子力発電所の事故は人類破滅への道を指し示す― 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求控訴事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1980.1
準備書面 (控訴人(原告) 1)―伊方原子力発電所の危険性と原判決批判― 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求控訴事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1978. 10
準備書面 (原告 12)―伊方原子力発電所の危険性及び違法性のすべて― 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1977.2
上告理由書 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求上告事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1985.6
上告理由補充書 (2) 「終りのはじまり」 チェルノブイリ事故と本件許可処分並びに原判決の違法性 伊方発電所原子炉設置許可処分取消請求上告事件 伊方原発行政訴訟弁護団 1988.6
東日本大震災救援対策本部ニュース 第2集 第101号〜第200号 反原発・反失業!生きるための闘い 生きぬくために闘う!東日本大震災救援対策本部 編 アール企画 発行/星雲社 発売 2012.1
東日本大震災救援対策本部ニュース 第1集 第1号〜第100号 生きぬくために闘う! 生きぬくために闘う!東日本大震災救援対策本部 編 アール企画 発行/星雲社 発売 2011. 10
英連邦とその原子力開発 イギリス中央情報局 編/在日イギリス大使館 訳・発行   1955.6
東海地区原子力施設地帯整備基本計画調査報告書 (基本計画地図3枚付) 茨城県 35ページ 1965.07
原子力施設社会環境調査 報告書 いばらきの原子力―安全確保と地域振興― 茨城県 生活環境部 原子力安全対策課 編集・発行   1995.3
核燃料加工施設臨界事故の記録 茨城県環境局 生活環境部 原子力安全対策課 編集・発行   2000.9
茨城県の原子力安全行政 茨城県環境局 生活環境部 原子力安全対策課 編集・発行   2006.3
茨城原子力50年のあゆみ―黎明期から現在,未来へ向けて― 茨城県環境局 生活環境部 原子力安全対策課 編集・発行   2007.3
原子力に関する意識調査報告書 茨城県環境局 編集・発行   1986.1
原子力開発と地域社会との関連 茨城県企画開発部原子力課 編 原子力都市建設促進協議会 1964. 10
昭和62年度版 原子力の茨城 茨城県原子力協議会 茨城県 委託 1988.1
茨城の原子力 2001 茨城原子力協議会 茨城県 委託 2001
東日本大震災 日立市の記録 3.11からの出発 茨城新聞社 制作 日立市 2012.7
東日本大震災 検証3・11 茨城新聞社編集局 編 茨城新聞社 2012.3
シリーズ 臨界事故の村からC 原子力村 茨城新聞社編集局 編著 那珂書房 2003.9
東海村臨界事故と地域社会 茨城大学地域総合研究所年報別冊  茨城大学地域総合研究所 編集・発行   2002.3
東海村原子力防災対策と地域社会 茨城大学地域総合研究所 編集・発行 文部科学省科学研究費助成 2005.3
東日本大震災調査報告書改訂版 茨城大学東日本大震災調査団 編集・発行   2011.8
チェルノブイリ原発事故の実相解明への多角的アプローチ―20年を機会とする事故被害のまとめ― (2004年11月〜2006年10月トヨタ財団助成研究報告書) 今中 哲二 編 京都大学原子炉実験所 2007.8
福島原発事故と医療・医療労働者の責任 2013・2・17医療労働者全国交流集会報告集 医療労働運動研究会 編集・発行   2013.11
目でみる いわき 双葉 相馬新風土記 いわき地域学會 監修/浜通り風土記編纂会 編 国書刊行会 1988.7
原発と闘う―岩佐原発被曝裁判の記録  岩佐裁判の記録編集委員会 編 八月書館 1988.4
福島県―新風土記― 1958  岩波写真文庫〈復刻ワイド版〉 岩波書店編集部・名取 洋之助 編 岩波書店 1987.02.20
宇都宮大学国際連携シンポジウム2012 ベラルーシから学ぶ私たちの未来 チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を振り返る 報告書 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 編/宇都宮大学国際学部・宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 発行 72ページ 2013.03
多文化公共圏センター年報 第7号 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 編集・発行 198ページ 2015.03
連続市民講座 vol.10 報告書 ―水俣から照らす― 原発災害と足尾銅山鉱毒事件 2015年6月28日 (日) 開催 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 編集・発行 81ページ 2015.11
生命たちの悲鳴が聞える―福島の怒りと脱原発テント エイエム企画 編 エイエム企画 発行/社会評論社 発売 2012.5
放射能雲の下のリーズとブラッドフォード 東海村のような核事故が、あなたの近くで起きたら、どうしますか? 英国自治体が発行した住民のための原子力防災マニュアル 英国リーズ市平和・防災計画課 編集・発行/西田 勝・伴 英幸 訳 非核自治体全国草の根ネットワーク(非核ネットワーク) 1999.9
高レベル放射性廃棄物の処理・貯蔵・管理に関する調査報告書 (後編)  エネルギー総合工学研究所 エネルギー・情報工学研究会議委託 1988.5
報道特集 検証!原子力「海外進出」の勝算と盲点ほか エネルギーフォーラム 660号 エネルギーフォーラム 2009.12
ふるさと 東濃で何が起こっているの ?!―新 「超深地層研究所って なあに?」― えんごろの会 編集・発行 全労済助成 1997.11
メディアは大震災・原発事故をどう語ったか 報道・ネット・ドキュメンタリーを検証する  遠藤 薫  東京電機大学出版局 2012.3
原発廃炉に向けて―福島原発同時多発事故の原因と影響を総合的に考える エントロピー学会 編 日本評論社 2011.8
欧州原子力施設立地環境調査報告書◁再処理施設の安全管理体制を中心として▷ 欧州原子力施設立地環境調査団 編 全国漁場環境保全対策協議会(全国漁業協同組合連合会/海洋生物環境研究所) 1987.11
東日本大震災と知の役割 桜美林大学国際学研究所 編 勁草書房 2012.3
大飯町誌 大飯町誌編さん委員会 編 福井県大飯町 1989.3
大熊町史 第1巻 通史 大熊町史編さん委員会 編 大熊町 1985.3
原子力工学教室25年のあゆみ 大阪大学工学部原子力工学教室創設25周年記念事業会 編集・発行   1982.03.31
大間町史 大間町史編纂委員会 編 大間町 発行/第一法規出版 制作 1997.3
図説 放射線学入門 基礎から学ぶ緊急被曝ガイド 岡ア 龍史 医療科学社 2012.1
汚染水はコントロールされていない 東電・規制委・政府の最新公表データを読み解く 荻野 晃也 第三書館 2014. 10
女川原発差し止め訴訟 高木仁三郎証人・証言録 (1985年11月26日 仙台地方裁判所第一民事部 第13回公判) 女川原発訴訟支援連絡会議 編集責任・発行   1986.5
女川町誌 続編 女川町誌編さん委員会 編纂 女川町 発行/第一法規出版 制作 1991.3
浜岡町史 通史編 御前崎市 編集・発行   2011.3
根本(もと)から変えよう! もうひとつの日本社会への12の提言 オルタナティブ提言の会 編著 樹花舎 発行/星雲社 発売  2011.8
市民が明らかにした福島原発事故の真実―東電と国は何を隠ぺいしたか 海渡 雄一 著/福島原発告訴団 監修 彩流社 2016.02.14
開発公害研究資料・第1集 川内原子力発電所建設と地盤 (1)―原子力発電所建設と地盤 (その1)― 開発公害研究会・生越 忠 編 オリジン出版センター 1977.11
徹底図解 東日本大震災の真相 あの日から1年でわかった巨大地震の全て! 海洋研究開発機構 木下 正高/熊谷 英憲 監修 双葉社 2012.3
特集 地震の予測と原発安全審査 科学 第82巻 第6号 岩波書店 2012.6
特集 プルトニウム科学の現在―何が問われるか 科学 第80巻 第2号 岩波書店 2010.2
福島原発事故に対する省察   科学技術社会論研究 第12号 科学技術社会論学会編集委員会 編 科学技術社会論学会・玉川大学出版部 発行 2016.05.30
動力炉・核燃料開発事業団高速増殖原型炉もんじゅナトリウム漏えい事故の報告について 科学技術庁 原子力安全局 編集・発行   1996.5
動力炉・核燃料開発事業団高速増殖原型炉もんじゅナトリウム漏えい事故の原因究明結果について 科学技術庁 原子力安全局 編集・発行   1997.2
原子力損害賠償制度 科学技術庁 原子力局 監修 通商産業研究社 1980.08
原子力開発の現状 科学技術庁 原子力局 調査国際協力課 編集・発行     1982.3
高レベル放射性廃棄物処分に向けての基本的考え方について [参考資料] 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 編集・発行   1998.5
高レベル放射性廃棄物処分に向けての基本的考え方について [付属資料] 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 編集・発行   1998.6
放射性廃棄物シンポジウム議事録 平成11年度 第4回 (広島) 第5回 (青森) 第6回 (鹿児島) 第7回 (千葉・柏崎) 第8回 (松山) 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 編集・発行   2000.2
放射性固体廃棄物処理・処分検討会報告書 《上》 《下》  科学技術庁 原子力局 編集・発行   1970
原子力発電に対する疑問に答える―原発公聴会の検討結果説明書を中心に― 科学技術庁 原子力局原子炉規制課 監修/電力新報社 発行 175ページ 1974.08.25
動燃改革の基本的方向 科学技術庁 動燃改革検討委員会 編集・発行   1997.8
六ヶ所ウラン濃縮工場とその安全審査について 科学技術庁 編集・発行   1988.9
原子力ポケットブック 昭和48年版 科学技術庁原子力局 監修/日本原子力産業会議 編集・発行   1973.3
原子力ポケットブック 昭和51年版 科学技術庁原子力局 監修/日本原子力産業会議 編集・発行   1976. 10
原子力損害賠償制度 科学技術庁原子力局 編 通商産業研究社 1962.9
原子力開発利用長期計画―解説と資料― 科学技術庁原子力局 編 大蔵省印刷局 1968.1
佐賀県の原子力発電 科学技術庁佐賀原子力連絡調整官事務所 監修/佐賀県経済部工鉱課 編集・発行   1978.3
特集 反原発闘争・原子力発電・電力資本ほか 科学技術の諸問題 5 科学技術研究会 1976.5
しろうと技術者が調べた放射性廃棄物処理技術 始末できるか原発の放射能 科学者よる国際平和週間」 筑波委員会 編 STEP   2011.6
別冊化学 !福島第一原発事故 放射性物質の実際と科学者たちの活動の記録 化学同人編集部 編 化学同人 2012.3
原発と震災―この国に建てる場所はあるのか 科学編集部 編 岩波書店 2011.7
[東日本大震災・原発事故] 復興まちづくりに向けて 学芸出版社編集部 編 学芸出版社 2011.7
3・11 その時、それから わたしたちが伝えたかったこと―31人の声― 学舎英和 企画/柳 希嘉子・山内 繁 編著 ツーワンライフ 2011.11
「最先端技術の粋をつくした原発」を支える労働 学習の友編集部 編/樋口 健二・渡辺 博之・斉藤 征二 著  学習の友社 2012.6
とことん語る 福島事故と原子力の明日―学生と原子力OBの往復書簡― 学生とシニアの対話会 著 日本電気協会新聞部 2012.5
核燃サイクルを阻止するための 必読資料―5点セット― 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 企画・編集・発行   1989
原告団十年の歩み 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 企画・編集・発行   1999.5
六ヶ所再処理工場 忍び寄る放射能の恐怖=暴かれた22μSv(マイクロシーベルト)の虚構= 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 企画・編集・発行   2008.5
わが国における高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性―地層処分研究開発第2次取りまとめ― 総論レポート/分冊1 わが国の地質環境/分冊2 地層処分の工学技術/分冊3 地層処分システムの安全評価 (全4刷) 核燃料サイクル開発機構 技術展開部 技術協力課 編 核燃料サイクル開発機構 1999.11
「もんじゅ」開発フィロソフィー―先駆者達のメッセージ―その1 核燃料サイクル開発機構 敦賀本部・技術企画部 編集・発行   2000.7
核燃料サイクル開発機構史 核燃料サイクル開発機構史編集委員会 編 核燃料サイクル開発機構 2005.9
科学者からの提言 「核燃」は阻止できる 核燃料サイクル施設問題を考える文化人・科学者の会 著 北方新社 1989.11
科学者からの警告 青森県六ヶ所村核燃料サイクル施設 核燃料サイクル施設問題を考える文化人・科学者の会(代表 明石 誠) 著/宮城 一男 編 北方新社 1986.4
「核燃料サイクル施設」は安全か―「青森県専門家会議」報告に対する見解― 核燃料サイクル施設問題を考える文化人・科学者の会(代表 明石 誠) 編集・発行   1985.1
核融合科学研究所十五年史 核融合科学研究所15周年記念誌編集委員会 編 自然科学研究機構 核融合科学研究所 2006.3
鹿児島県の原子力行政 鹿児島県 危機管理局 原子力安全対策課 編集・発行   2013.11
原子力発電 その経過と概要 柏崎市 編集・発行   2008.3
明日への創造 柏崎・刈羽原子力発電所立地地点からの報告 柏崎商工会議所 編集・発行 124ページ 1981.02.10
―高校生の平和学習のために―原子力読本 part U チェルノブイリは警告する  神奈川県高教組原子力読本編集委員会 著 東研出版 1989.5
原発を止めた裁判官 井戸謙一元裁判官が語る原発訴訟と司法の責任 神坂さんの任官拒否を考える市民の会 編 現代人文社 発行/大学図書 発売 2013.8
国内バイオマス発電の現状調査報告書 火力原子力発電技術協会 環境技術委員会 編 火力原子力発電技術協会 2008.3
昭和55年度 火力原子力発電技術協会会員名簿 火力原子力発電技術協会 発行/日本電気協会新聞部 電気新聞事業開発局 制作 260ページ 1980.10.01
火力・原子力発電所設備要覧 (改訂版) 火力原子力発電技術協会 編集・発行 310ページ 1983.04
火力・原子力発電所設備要覧 (昭和61年改訂版) 〔差替付録〕最新年度許認可済発電所設備一覧表 最新年度完成済発電所設備一覧表 火力原子力発電技術協会 編集・発行   1986.09
創立50周年記念 火力原子力発電 50年のあゆみ 火力原子力発電技術協会 編集・発行   2000. 10
ポスト3・11 変わる学問 気鋭大学人からの警鐘 河合塾 編著 朝日新聞出版 2012.03.30
川崎重工業 (株) の原子力事業紹介 川崎重工業(株) 39ページ 1996.02
日本原子力発電株式会社殿/東海発電所 建設と主な保修実績 川崎重工業(株) 7ページ 1996.02
主要原子力機器納入実績 川崎重工業(株) 3ページ 1996.05
思想としての3・11 河出書房新社編集部 編 河出書房新社 2011.6
歴史としての3・11 河出書房新社編集部 編 河出書房新社 2012.2
環境新聞ブックレットシリーズ 8 東日本大震災 災害廃棄物処理にどう臨むか 環境新聞編集部 編 環境新聞社 2012.6
東日本大震災 災害廃棄物処理にどう臨むかU 環境新聞編集部 編 環境新聞社 2013.4
東日本大震災災害廃棄物処理にどう臨むかV 環境新聞編集部 編 環境新聞社 2014.07.15
原発事故の環境法への影響 その現状と課題 環境法政策学会 編 商亊法務 2013.8
東日本大震災 復興5年目の検証―復興の実態と防災・減災・縮災の展望― 関西大学 社会安全学部 編 ミネルヴァ書房 2016.03.31
検証 東日本大震災 関西大学社会安全学部 編 ミネルヴァ書房 2012.2
思想の自由は奪えない―関電人権裁判闘争の記録― 関西電力人権裁判争議団・松井 繁明 著 新日本出版社 1996. 10
原発避難白書 関西学院大学 災害復興制度研究所・東日本大震災支援全国ネットワーク (JCN)・福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク (SAFLAN) 編 人文書院 2015.09.10
2013年版 白書の白書 木本書店 編集部 編 木本書店 2013.05.06
玄海原子力発電所(3,4号機) 環境影響調査書 (要約編) 九州電力 編集・発行   1981.4
第4回九条の会 全国交流集会報告集 2011年11月19日 於 東京・千代田区 日本教育会館 九条の会 編集・発行   2012.1
復興・放射能汚染のこれから―見えてきた多様な課題― 共生社会システム学会 編 農林統計出版 2014.08.10
原発報道会議資料 1992年10月30日〜10月31日 共同通信 編集・発行   1992
原子力取材ハンドブック 2003年版 共同通信社 ニュースセンター・科学部・社会部・グラフィックス部 編/情報システム局制作部 製作 共同通信社 2003.6
特別報道写真・解説集 いま原発で何が起きているのか 原発震災の100日  共同通信社 編集・発行   2011.6
全電源喪失の記憶  証言・福島第一原発―1000日の真実 共同通信社原発事故取材班/高橋 秀樹 編著 祥伝社 2015.03.15
3・11後の文明を問う―17賢人のメッセージ 共同通信社取材班 編著/加藤 典洋 解説/木村 隆司 編 太郎次郎社エディタス 2012.3
座談会 漁業と原子力の共生を考える それは原子力船「むつ」から始まった 漁村文化協会 編集・発行    2008.3
述5 反原発問題 近畿大学国際人文科学研究所 編 論創社 2012.3
東日本大震災・ダイジェスト 近代消防社 編集・発行   2012.1
森 一久(元日本原子力産業会議副会長) オーラルヒストリー 近代日本史料研究会(政策研究大学院大学内) 編集・発行   2008.1
熊取町史紀要 第4号 「京都大学研究用原子炉」の誕生 熊取町教育委員会 編集・発行   1996.3
井内浦―熊野原発反対闘争史―(一) 熊野原発反対闘争史編集委員会 編 三紀地区労働組合協議会センター 1999.1
東日本大震災の復興 自治体・企業・労組の支援実例集 くらしのリサーチセンター 編集・発行   2011.12
風媒社ブックレット‐10 核燃料スキャンダル 関西電力・通産省―高浜原発MOX燃料データ不正事件 グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会 共編 風媒社 2000. 10
3・11に問われて―ひとびとの経験をめぐる考察 栗原 彬 テッサ・モーリス‐スズキ 苅谷 剛彦 吉見 俊哉 杉田 敦 葉上 太郎 著   岩波書店 2012.2
日本の原子力発電 ここが論点―円卓会議議事録から― グループ テクノ・ルネッサンス 著 日刊工業新聞社 1997.3
原発をもっと知りたい 子どもたちに伝えるために クレヨンハウス 編集・発行   1988
2005年版 電気事業法の解説 経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力安全・保安院 編  経済産業調査会 2005.8
原子力 2009 経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 原子力立地・核燃料サイクル産業課 編 日本原子力文化振興財団 2009.9
諸外国における高レベル放射性廃棄物の処分について  (スウェーデン・フィンランド・フランス・スイス・ドイツ・イギリス・アメリカ) 経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部 放射性廃棄物等対策室 発行/原子力環境整備促進・資金管理センター 制作 198ページ 2012.02.01
原子力立国計画 日本の選択 経済産業省 資源エネルギー庁 編   日本電気協会新聞部 2006.11
エネルギー白書 2012年版 東日本大震災と我が国エネルギー政策の聖域無き見直し 経済産業省 編 エネルギーフォーラム 2012.12
チェルノブイリ原発事故 経済セミナー増刊 日本評論社 1986.12
玄海町史 下巻 玄海町町史編纂委員会 編 佐賀県玄海町教育委員会 2000.3
「3・11」と歴史学 研究会 「戦後派第一世代の歴史研究者は21世紀に何をなすべきか」 編 有志舎 2013. 10
日本人の安全観 研究報告書 研究代表者 東洋大学社会学部教授 中村 功 原子力安全基盤調査研究「日本人の安全観」(平成14年度〜16年度)報告書 2005.3
社報 特別増刊号 30年のあゆみ 原子燃料工業 総務部 編 原子燃料工業 2002.12
動力炉・核燃料開発事業団高速増殖原型炉もんじゅ2次系ナトリウム漏えい事故に関する調査審議の状況について 原子力安全委員会 原子炉安全専門審査会研究開発用炉部会 高速増殖原型炉もんじゅナトリウム漏えいワーキンググループ 編 原子力安全委員会 1996.9
高速増殖原型炉もんじゅ2次系ナトリウム漏えい事故に関する調査報告書(第2次報告) (案) 原子力安全委員会 原子炉安全専門審査会研究開発用炉部会 高速増殖原型炉もんじゅナトリウム漏えいワーキンググループ 編 原子力安全委員会 1997.8
平成7年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 大蔵省印刷局 1996.07
平成10年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 大蔵省印刷局 1999.08
平成11年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 大蔵省印刷局 2000.09
平成12年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 財務省印刷局 2001.04
平成13年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 財務省印刷局 2002.05
平成9年版 原子力安全白書 原子力安全委員会 編 大蔵省印刷局 1998. 10
公開ヒアリング状況報告〔東京電力福島第二原子力発電所の原子炉の設置変更(3号及び4号原子炉の増設)〕 原子力安全委員会 編集・発行   1980.3
ウラン加工工場臨界事故調査委員会報告 原子力安全委員会/ウラン加工工場臨界事故調査委員会 編集・発行   1999.12
学術シンポジウム 米国スリー・マイル アイランド原子力発電所事故の提起した諸問題 報告書 原子力安全委員会/日本学術会議 編集・発行   1980.6
米国原子力発電所事故調査報告書―第2次― 原子力安全委員会/米国原子力発電所事故調査特別委員会 編集・発行   1979.9
原子力規制行政の独立を求めて―JCO臨界事故を繰り返さないために― 原子力安全規制行政研究会 編集・発行   2000.5
ドイツ 脱原発最新事情と安全規制 原子力安全規制行政研究会/原子力資料情報室/原水爆禁止日本国民会議 編集・発行   2001.5
平成24年版(平成23年度実績) 原子力施設運転管理年報 原子力安全基盤機構 企画部 編 発行/全国官報販売協同組合 発売 2012.11
JNES 2010 シンポジウム―変わる世界の中で:JNESの取組み―講演資料集 原子力安全基盤機構 編集・発行   2010.12
平成22年度 原子力安全基盤機構年報 原子力安全基盤機構 編集・発行   2011.9
独立行政法人 原子力安全基盤機構 パンフレット 原子力安全基盤機構 編集・発行   2011. 10
高レベル放射性廃棄物の地層処分のあらまし 原子力安全研究協会 エネルギー・情報工学研究会議委託 1988.5
チェルノブイリ〜環境・健康への影響〜 原子力安全研究協会 科学技術庁 原子力局 委託 1997.3
平成15年度 原子力発電施設等安全性実証解析 (人間・組織等安全解析調査)―安全文化に関する知見の調査・整理―報告書 原子力安全研究協会 原子力発電技術機構依頼 2003.8
放射性廃棄物国際基準に関する調査研究 平成15年度核燃料サイクル施設安全対策技術調査(放射性廃棄物処分安全技術調査等のうち安全規制及び安全基準に係る内外の動向調査 (放射性廃棄物国際基準に関する調査研究) ) 原子力安全研究協会 経済産業省原子力安全・保安院 委託 2004.3
将来の高速増殖炉の炉心安全性に関する検討 平成12年度報告書 原子力安全研究協会 高速炉炉心安全性調査専門委員会 編 原子力安全研究協会 2001.3
放射線の影響評価研究の現状と展望 原子力安全研究協会 低線量影響調査専門委員会 編 原子力安全研究協会 1985.12
原子力発電所信頼度調査団報告書 原子力安全研究協会 編集・発行   1974.6
データが語る原子力の世論 原子力安全システム研究所 社会システム研究所 編 プレジデント社 2004.4
安全風土の研究 個人・組織・社会の安全を確かにするために 原子力安全システム研究所 社会システム研究所 編著 プレジデント社 2003.3
原子力開発三十年史 原子力委員会 企画/原子力開発三十年史編集委員会 編 日本原子力文化振興財団 1986. 10
R I ・研究所等廃棄物処理処分の基本的考え方について 原子力委員会 原子力バックエンド対策専門部会 編 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 1998.5
超ウラン核種を含む放射性廃棄物処理処分の基本的考え方について 原子力委員会 原子力バックエンド対策専門部会 編 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 2000.3
長寿命核種の分離変換技術に関する研究開発の現状と今後の進め方 原子力委員会 原子力バックエンド対策専門部会 編 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 2000.3
高レベル放射性廃棄物の地層処分研究開発等の今後の進め方について 原子力委員会 原子力バックエンド対策専門部会 編集・発行   1997.4
原子力委員会原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会での検討に関する検証チーム 報告書 別冊資料 原子力委員会 原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会 編集・発行   2012.8
高レベル放射性廃棄物処分に向けての基本的考え方について 原子力委員会 高レベル放射性廃棄物処分懇談会 編 科学技術庁 原子力局 廃棄物政策課 1998.5
「高レベル放射性廃棄物処分に向けての基本的考え方について」(案)に対するご意見と回答 原子力委員会 高レベル放射性廃棄物処分懇談会 編集・発行   1997.7
昭和56年版 原子力白書 原子力委員会 編 大蔵省印刷局 1982.02
21世紀の扉を拓く原子力―原子力の研究、開発及び利用に関する長期計画― 原子力委員会 編 大蔵省印刷局 1994.8
原子力開発利用長期計画 原子力委員会 編集・発行   1972.6
原子力委員会 原子力開発利用長期計画 第1回 昭和31年 第2回 昭和36年 第3回 昭和42年 第4回 昭和47年 第5回 昭和53年 第6回 昭和57年 第7回 昭和62年 原子力委員会 編集・発行   1987
平成7年兵庫県南部地震を踏まえた原子力施設耐震安全検討会報告書 (概要) 原子力委員会 編集・発行   1995.9
高レベル放射性廃棄物処分の推進について 原子力委員会 編集・発行   1998.6
原子力開発十年史 原子力開発十年史編纂委員会 編 日本原子力産業会議 1965. 10
電気技術指針 原子力編 原子力発電所運転員の教育・訓練指針 原子力規格委員会 編 日本電気協会 2002. 10
原発の安全上欠陥 付・スリーマイル島事故の考察 原子力技術研究会 編 第三書館 1979.6
福島事故に至る原子力開発史 原子力技術史研究会 編 中央大学出版部 2015.02.05
原発総被曝の危機―いのちを守りたい 原子力行政を問い直す宗教者の会 編 游学社 2011.11
原子力研究委員会 30年史 原子力研究委員会 記念誌編集小委員会 編 日本溶接協会 原子力研究委員会 発行/クリエイトハウス・サン 製作 1987.3
デコミッショニング技報 特別号―福島環境回復技術― 原子力研究バックエンド推進センター 編集・発行   2013.6
原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書―東京電力福島原子力発電所の事故について― 原子力災害対策本部 編集・発行   2011.6
国際原子力機関に対する日本国政府の追加報告書‐東京電力福島原子力発電所の事故について‐ (第2報) 原子力災害対策本部 編集・発行   2011.9
デコミ教室 原子力施設の廃止措置とはなにか 原子力施設デコミッショニング研究会 編集・発行 2010年5月〜2011年8月 月刊「エネルギーレビュー」誌連載 2011.8
第9回 原子力施設デコミッショニング技術講座 原子力施設デコミッショニング研究協会 編集・発行   1998.1
原子力市民委員会 特別レポート 2 核廃棄物管理・処分政策のあり方 原子力市民委員会 核廃棄物問題プロジェクトチーム 編集・発行 49ページ 2016.01.20
原子力市民委員会 特別レポート 1 100年以上隔離保管後の「後始末」 原子力市民委員会 福島事故 (後始末)の対案プロジェクトチーム 編集・発行 13ページ 2015.06.08
原発ゼロ社会への道―市民がつくる脱原子力政策大綱 原子力市民委員会 編集・発行   2014.4
原発ゼロ社会への道 新しい公論形成のための中間報告 【要約版】付 原子力市民委員会 編集・発行   2013. 10
年次報告2015 原子力発電復活政策の現状と今後の展望 原子力市民委員会 編集・発行 59ページ 2015.06.08
ジャーナリストの証言 原子力25年の軌跡 原子力ジャーナリストの会 著 電力新報社 1981.11
原子炉危険性国際研究 [世界の原子力発電所の設計と運転上の特徴と原子炉事故の危険性] 要約と結論 原子力資料情報室 グリーンピース委託研究 1986.1
考えてみようよ 原発のこと (改訂版) 原子力資料情報室 企画・編集・発行   2012.6
考えてみようよ 原発のこと 原子力資料情報室 企画・編集・発行   1997. 10
脱原発年鑑 97 原子力資料情報室 編 七つ森書館 1997.4
岩波ブックレット 恐怖の臨界事故 原子力資料情報室 編 岩波書店 1999.12
若者たちが見た 20年目のスリーマイル島原発 原子力資料情報室 編 高木学校/原子力資料情報室 2000.3
岩波ブックレット 検証東電原発トラブル隠し 原子力資料情報室 編 岩波書店 2002.12
原子力市民年鑑 2010 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2010.8
原子力市民年鑑 2011‐12 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2012.3
原子力市民年鑑 2013 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2013.8
原子力市民年鑑 2008 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2008.05.30
原子力市民年鑑 2009 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2009.07.28
原子力市民年鑑 2014 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2014.12.01
原子力市民年鑑 2015 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2015.08.25
検証 福島第一原発事故 原子力資料情報室 編 七つ森書館 2016.04.26
原発斗争情報100号記念 原発黒書―原子力開発の残したもの― 原子力資料情報室 編集・発行   1983.1
出力調整―その危険と矛盾 原子力資料情報室 編集・発行   1988.2
プルトニウムが降ってくる―プルトニウム空輸の危険性― 原子力資料情報室 編集・発行   1988.6
原発は地球を救わない 地球温暖化問題と原発 原子力資料情報室 編集・発行   1990.4
出口のない核燃料サイクル―世界のプルトニウム・廃棄物政策― 原子力資料情報室 編集・発行   1993.3
再処理―その徹底検証― 原子力資料情報室 編集・発行   1994.3
脱原発の20年 原子力資料情報室と日本・世界の歩み 原子力資料情報室 編集・発行   1995.9
IMA(International MOX Assessment)中間報告会記録集 MOXを評価する 1996年10月26日 京都市国際交流会館イベントホール 原子力資料情報室 編集・発行   1997.7
プルサーマル―「暴走」するプルトニウム政策 原子力資料情報室 編集・発行   1998.8
原発と地球環境 原子力資料情報室 編集・発行   1999.3
アジアにおける持続可能で平和なエネルギーのためのネットワーク 2001年度ワークショップ報告集 「エネルギー市場再構築〜公正で持続可能な社会へ向けて」  原子力資料情報室 編集・発行   2001.12
想定外? 航空機激突と原発 原子力資料情報室 編集・発行   2001.12
アジアにおける持続可能で平和なエネルギーのためのネットワーク 2000年度ワークショップ報告集  原子力資料情報室 編集・発行   2001.4
原子力キーワードガイド 原子力資料情報室 編集・発行   2001.4
食卓にあがった死の灰―チェルノブイリ事故による食品汚染 原子力資料情報室 編集・発行 36ページ 1987.04.20
世界は脱原発へ向かう―世界各国の原発はいま?― 原子力資料情報室 編集・発行   1989. 10
―いま、再処理の是非を問う―「再処理を考える青森国際シンポジウム」報告集 原子力資料情報室 編集・発行   1994. 10
脱原発の40年 原子力資料情報室と日本・世界の歩み 原子力資料情報室 編集・発行 122ページ 2015.10.12
チェルノブイリ原発事故 25年のメッセージ 特別付録 「東日本大震災」と福島原発事故 原子力資料情報室 編著 原子力資料情報室 2011.4
破綻したプルトニウム利用―政策転換への提言 原子力資料情報室/原水禁 編著 緑風出版 2010.7
原子力総合年表 福島原発震災に至る道 原子力総合年表編集委員会 編 すいれん舎 2014.7
拡大のなかの低迷―第22回原子力産業実態調査報告―(昭和55年㋃〜56年㋂統計) 原子力調査時報 第44号 日本原子力産業会議 1982.1
原子力のすべて 原子力のすべて編集委員会 編 国立印刷局 2003.12
安全を求めて四半世紀―NUPECの軌跡― 別冊 (資料編)付 原子力発電技術機構 27年史編集委員会 編 原子力発電技術機構 発行/エネルギーレビューセンター 制作 2003.9
高速増殖炉の恐怖[増補版] 「もんじゅ」差止訴訟 原子力発電に反対する福井県民会議 著 緑風出版 1996.3
欧米諸国の原子力法 原子力発電法制研究会 編 日本電気協会 1981.3
原子力ハンドブック 原子力ハンドブック編集委員会 編 オーム社 2007.11
除染等業務Q&A―放射線障害防止のための手引― 建設労務安全研究会 除染電離則Q&A部会 編 労働新聞社 2013. 10
司法は原発とどう向きあうべきか 原発訴訟の最前線 現代人文社編集部 編 現代人文社 発行/大学図書 発売 2012.2
被曝社会年報 #01 2012-2013 現代理論研究会 編 新評論 2013.2
原爆から原発まで―核セミナーの記録― (上) (下)全2巻 原爆体験を伝える会 編 アグネ 1975.7/1975.9
水ヲ下サイ 広島と長崎の証言 日本語版 原爆体験を伝える会 編集・発行   1972.4
誤報じゃないのになぜ取り消したの? 原発 「吉田調書」 報道をめぐる朝日新聞の矛盾 原発 「吉田調書」 報道を考える読者の会と仲間たち 編著 彩流社 2016.04.11
原発黒書―日本における原発推進の実態― 原発黒書編集委員会 編 原水爆禁止日本国民会議 1976.7
シリーズ その時どうしたのか、今どうしているのか 原発災害情報センターNEWS Vol.7 6ページ 2015.09
日本全国 原発危険度ランキング 原発ゼロの会 編 合同出版 2012.12
風がおしえる未来予想図 脱原発・風船プロジェクト〜私たちの挑戦 原発なくそう!九州玄海訴訟 「風船プロジェクト」 実行委員会 編 花伝社 発行/共栄書房 発売 2014.06.01
原発を廃炉に!―九州原発差止め訴訟 原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団・原発なくそう!九州川内訴訟弁護団(準) 編著  花伝社 発行/共栄書房 発売 2012.2
現地報告 岐阜・東濃で進む核のゴミ埋め捨て「研究」の実態 高レベル放射性廃棄物地層処分計画に反対しよう! 原発に反対するうさぎの会 編集・発行   1999.9
高レベル放射性廃棄物 死の灰はいらない―未来ある郷土をつくるために― 原発廃棄物施設誘致反対道民連絡会議 編集協力/高レベル放射性廃棄物施設誘致反対稚内市民の会 編 高レベル放射性廃棄物施設誘致反対稚内市民の会 1984. 10
かえせ飯舘村 飯舘村民損害賠償等請求事件 申立書等資料集 原発被害糾弾 飯舘村民救済弁護団 編/佐久間淳子・原子力資料情報室 編集協力 原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団・飯舘村民救済弁護団 2014.12
まるで原発などないかのように―地震列島、原発の真実 原発老朽化問題研究会 編著 現代書館 2008.9
老朽化する原発―技術を問う― 原発老朽化問題研究会著 原子力資料情報室 2005.3
原発民衆法廷C―6・17 大阪公判 原発は憲法違反だ! 日本に原発は許されない 原発を問う民衆法廷実行委員会 編 三一書房 2012.12
原発民衆法廷@―福島事故は犯罪だ! 東電・政府の刑事責任を問う 原発を問う民衆法廷実行委員会 編 三一書房 2012.4
原発民衆法廷A―4・15 関電・大飯、美浜、高浜と四電・伊方の再稼働を問う 原発を問う民衆法廷実行委員会 編 三一書房 2012.6
原発民衆法廷B―5・20郡山公判 福島事故は犯罪だ! 東電・政府有罪! 原発を問う民衆法廷実行委員会 編 三一書房 2012.9
原発ゼロ 自然エネルギーへの転換 憲法が輝く兵庫県政をつくる会 編著 日本機関紙出版センター 2011.12
公害闘争シリーズ bP 核燃料再処理工場―放射能公害の氾濫と核武装への道― 核燃料再処理工場粉砕闘争委員会 委員 村田 三郎 公害と闘う全国行動委員会 編集・発行 41ページ 1971.02.20
反電力 〈広告〉による住民包囲工作解体にむけて 広告批評懇談会 編集・発行 81ページ 1975.11.27
女子大生のゲンパツ勉強会 神戸女学院大学石川康宏ゼミナール 著 新日本出版社 2014.1
21歳が見たフクシマとヒロシマ 神戸女学院大学石川康宏ゼミナール 著 新日本出版社 2015.08.10
「人間の復興」へ  東日本大震災 公明党500日の記録 公明新聞 東日本大震災取材班 著 公明党機関紙委員会 2012.07.30
訴状―青森県を高レベル廃棄物の墓場にさせないために― 高レベルガラス固化体貯蔵施設廃棄物埋設事業許可処分取消請求事件 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 1993.9
シリーズ故郷と‶地元′エ発を考える 玄海原発は大丈夫か?〜玄海原発から半径80km圏に故郷を持つあなたへ〜 故郷と‶地元′エ発を考える編集部 編/巻頭インタビュー東京工業大学原子炉工学研究所澤田哲生助教 ゴマブックス 2011.7
脱原発のための平和学 国際基督教大学平和研究所 編 法律文化社 2013.9
平成25年度 脱原発が日本経済・産業に及ぼす影響 報告書 国際貿易投資研究所 編集・発行   2014.3
外国の立法 立法情報・翻訳・解説 第244号 特集:原子力の利用と安全性 国立国会図書館調査及び立法調査局 編集・発行   2010.6
電力労働者A 「原発」への提言と行動 国会通信社 編集・発行   1981.06
図説 危険な話―不思議で不安な原子力発電のこと コミックボックス 編 ふゅーじょんぷろだくと 1989. 10
IT時代の震災と核被害 コンピューターテクノロジー編集部 編 インプレスジャパン 発行/インプレスコミュニケーションズ 発売 2011.12
原発再稼働 絶対反対 再稼働阻止全国ネットワーク 編 金曜日 2013.12
「原子力規制委員会」の「再稼働基準」づくり批判 再稼働反対!全国アクション 編集・発行   2013.6
「原子力規制委員会」の「再稼働基準」づくり批判 再稼働反対!全国アクション 編集・発行   2013.6
これでいいのか?シリーズ (1) 玄海原子力発電所の安全性を考える 佐賀の自然と文化をまもる会 編集・発行   1972.7
たんぽぽ舎パンフ81 サクラと環境・原発 調査・報告集 (第Z集) 異変桜見つかる-環境悪化・原発放射能か? サクラ調査ネットワーク 編 たんぽぽ舎 2010.7
サクラと環境・原発 調査・報告集 (第T]集) 異変桜見つかる-環境悪化・原発放射能か? サクラ調査ネットワーク 編 たんぽぽ舎 2012.9
反原発労働運動―電産中国の闘い 五月社編集部 編  五月社 1982.5
産業医科大学 東日本大震災支援活動記録 2011、2012 産業医科大学 総務部 総務課 編 産業医科大学 2013.3
「脱原発」が地方を滅ぼす 九州発 戦慄の告発ルポ 産経新聞九州総局 著 産経新聞出版 発行/日本工業新聞社 発売 2013.4
原発を拒み続けた和歌山の記録  汐見 文隆 監修/「脱原発わかやま」編集委員会 編  寿郎社 2012.5
事業団の歩み 事業団の歩み編集委員会 編 日本原子力船研究開発事業団 1985.3
昭和56年版 電気事業の現状と30年の歩み 資源エネルギー庁公益事業部 監修/電力年報委員会 編 日本電気協会 1982.03.20
柏崎市史 下巻 市史編さん委員会 編著 市史編さん室 1990.3
原発は地震に耐えられるか 地震と原発研究会 編 原子力資料情報室 2008.3
増補 原発は地震に耐えられるか 地震と原発研究会 編 原子力資料情報室 2011.7
静岡県の原子力発電―平成24年度版― 静岡県 危機管理部 原子力安全対策課 編集・発行   2013.3
原子力発電所のある街で 中川一郎科学技術庁長官講演―原子力開発の将来展望 静岡県浜岡町 企画・発行    1981.8
続 浜岡原発の選択 静岡新聞社 編 静岡新聞社 2013.2
浜岡原発の選択 静岡新聞社 編 静岡新聞社 2011. 10
原発はご免 自治労 福井県庁職員組合 編集・発行   1987.6
反原発 NO NUKES―福井からの報告― 自治労 福井県本部・自治労 福井県職 編集・発行   1987. 10
虚構の原発防災 自治労茨城原子力防災対策プロジェクトチーム 編 自治労茨城県本部 1992.3
原発は危険だ 自治体の原子力防災を考える (ページ乱丁あり) 自治労関東甲地連原発事故防災プロジェクトチーム 編 自治労・自治労関東甲地連 1987.8
原発事故から身を守る 防災・自治・くらし 自治労原発問題研究会 編 第一書林 1988.09.01
島根原子力発電所3号機増設に関する意識調査報告書 自治労島根県本部 編集・発行   1999.3
しまねの原子力 2013 島根県 総務部 原子力安全対策課 編集・発行   2013.3
原発―島根原子力発電所調査委員会における発言記録 島根県評・日本社会党島根県本部・島根原発公害対策会議 編集・発行   1981.5
息子は死んだ〜嶋橋原発被曝労災認定までの記録〜 嶋橋 美智子 著/藤田 祐司 編集協力 新読書社 2013.1
内部被曝からいのちを守る なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのか 市民と科学者の内部被曝問題研究会 編著 旬報社 2012.2
転換期の焦点7 脱原発宣言―文明の転換点に立って 市民文化フォーラム 編 世織書房 2012.11
原発論議総点検―あなたの理解を深めるために― 社会経済国民会議エネルギー政策部 編 社会経済国民会議 1990.4
原子力発電に関する有識者意識調査 社会工学研究所 編集・発行   1975.9
原子力情報の反応に関する実証的調査研究 社会工学研究所 編集・発行   1976.12
総務調査室レポート 東日本大震災関連立法の経緯と概要 (総務委員会関係) 衆議院調査局総務調査室 編集・発行   2012.7
私たちは、わすれない―原発のない未来へA 出版労連・原発問題委員会 編著 日本出版労働組合連合会 2013.5
まだ、何もはじまっていない―原発のない未来へ 出版労連・原発問題プロジェクト委員会 編 日本出版労働組合連合会 2012.7
放射能汚染―どう対処するか 首都大学東京 宮川研究室 企画/宮川 彰・日野川 静枝・松井 英介 著 花伝社 発行/共栄書房 発売 2011.6
「ジュノーさんのように」1 ヒロシマの医師をチェルノブイリへ・チェルノブイリの子どもたちをヒロシマへ―叢書・民話を生む人びと― ジュノーの会 (代表・甲斐 等) 編 而立書房 2010.11
「ジュノーさんのように」2 チェルノブイリからきた医師と子どもたち―叢書・民話を生む人びと― ジュノーの会 (代表・甲斐 等) 編 而立書房 2011.3
「ジュノーさんのように」3 原子力発電所の爆発事故から6年目のチェルノブイリの子どもたち―叢書・民話を生む人びと― ジュノーの会 (代表・甲斐 等) 編 而立書房 2011.7
3.11 被災地の証言 東日本大震災 情報行動調査で検証する デジタル大国・日本の盲点 情報支援プロボノ・プラットフォーム(ISPP) 著 インプレスジャパン 発行/インプレスコミュニケーションズ 発売 2012.3
放射線障害予防規程 昭和電工 編集・発行   1961.6
放射能で首都圏消滅 誰も知らない震災対策 食品と暮らしの安全基金・古長谷 稔 著 三五館 2006.4
〈3・11フクシマ〉以後のフェミニズム―脱原発と新しい世界へ― 新・フェミニズム批評の会 編 御茶の水書房 2012.7
「2011.3.11東北地方太平洋沖M9.0地震・巨大津波による東京電力福島第1原子力発電所過酷事故に関する風評被害の実態―主としてマスメディア情報に基づく―」 調査研究報告書 新技術振興渡辺記念会 編集・発行   2013.1
原発とキリスト教 私たちはこう考える 新教出版社編集部 編 新教出版社 2011.11
業種別会計シリーズ 電力業 新日本有限責任監査法人 電力・ガス業研究会 編 第一法規 2011.7
原発ゼロへ 福島に生きる しんぶん赤旗社会部 著 新日本出版社 2015.01.25
世界のプレート境界・過去の地震・原子力発電所がわかる 世界の地震地図 裏面 詳細世界地図 人文社 編集・発行   2011.7
原発と人間―エネルギー・環境・安全を考える 人類とエネルギー研究会 編 省エネルギーセンター 1988.11
原子力諸法案の生まれるまで 第一・二分冊  まえがき・総目次・第一篇(日誌篇) 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 91ページ 1964.02.20
原子力諸法案の生まれるまで 第四分冊  第二篇(記録篇) 第四部―其の一― 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 532ページ 1964.02.20
原子力諸法案の生まれるまで 第五分冊  第二篇(記録篇) 第四部―其の二― 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 817ページ 1964.02.20
原子力諸法案の生まれるまで 第六分冊  第三篇(資料篇) 原子力関係諸法案の作案ならびに審議経過に関する資料 (其の一)第一―第七 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 704ページ 1964.02.20
原子力諸法案の生まれるまで 第七分冊  第三篇(資料篇) 原子力関係諸法案の作案ならびに審議経過に関する資料 (其の二)第八―第十・あとがき 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 424ページ 1964.02.20
原子力諸法案の生まれるまで 第八分冊  附録 科学技術庁関係法令集 (T) (U) 各国の原子力関係法摘要 菅田 清治郎 編/日本原子力研究所 発行 219ページ 1964.02.20
究極の無駄 高速増殖炉開発 ストップ・ザ・もんじゅ 編集・発行   2007.12
危険のかたまり 高速増殖炉開発 ストップ・ザ・もんじゅ 編集・発行   2008.1
超危険でムダな「もんじゅ」を廃炉に! 豊かな実りと すべての命を守るために ストップ・ザ・もんじゅ 編集制作・発行   2010
核燃料輸送の危険性 MOX燃料事故シミュレーション報告 ストップ・プルトニウム神奈川連絡会 編集・発行   1997.4
原子力安全性―技術上の主要課題― 政策科学研究所 日本原子力研究所 委託 1976.3
原子力安全性―本論― 政策科学研究所 日本原子力研究所 委託 1976.3
原子力安全性に関する総合調査研究―序論と要約― 政策科学研究所 日本原子力研究所 委託 1976.3
原子力開発における技術と社会のインタフェース 核燃料サイクルの安全性と社会的アクセプタンス Vol.3  政策科学研究所 編集・発行   1977.3
理工系のための原子力の疑問62 なぜ世界は原子力発電に依存するのか? 再稼働をふまえ理解すべき科学的知識 関本 博 ソフトバンク クリエイティブ 2013.3
月刊先駆 872号<緊急特集・東北関東大震災> 先駆社 編集・発行   2011.3
小水力発電事例集 2007 全国小水力利用推進協議会 編集制作・発行   2007.5
原子力への理解は、対話から 全国電力労働組合連合会(電力労連) 政策局 編集・発行    1988.8
ふるさとを返せ!職場を返せ!未来を返せ! 全原発を廃炉に―フクシマの怒りとともに労働組合の力で世の中変えよう 前進社出版部 著 前進社 2011.7
川内市史 下巻 川内郷土史編さん委員会 編 鹿児島県川内市 1980.3
パンフ 「むつ闘争の記録」 全日本海員組合 編集・発行 76ページ 1974.11.20
原子力部会報告書 (U)―安全確保に万全を期して立地を推進するために― 総合エネルギー調査会原子力部会 編集・発行   1981.8
総合エネルギー調査会原子力部会中間報告―商業用原子力発電施設解体廃棄物の処理処分に向けて― 総合エネルギー調査会原子力部会 編集・発行   1999.5
原子力開発の長期戦略を考える 総合研究開発機構 原子力長期戦略委員会 編 総合研究開発機構 1979.6
3.11を総合人間学から考える 総合人間学会 編 学文社 2013.6
各国原子力法の概要 主要諸国の原子力関係法令 総理府原子力局 編 経済団体連合会 1956.03.31
エネルギー立地をめぐる訴訟 (訴訟研究班中間報告書) 訴訟研究班 編 日本エネルギー法研究所 1983.3
アジェンダ―未来への課題―特集 これからのエネルギーU 第34号 (2011年秋号) アジェンダ・プロジェクト 発行/星雲社 発売 2011.9
原子力と機械技術 大河出版 編集・発行   2011.9
未来を奪われた子どもたちのための葬送曲が聞こえるか 子どもたちの未来を守るために 大韓基督教書会 『基督教思想』 編/神山 美奈子・李 相勁(イ サンキョン)・李 相勲(イ サンフン)・洪 伊杓(ホン イピョ) 訳 かんよう出版 2013.3
大衆とともに 豊北原発建設阻止山口県共闘会議初代議長 宇野順二先生その人と生涯 大衆とともに編集委員会 編集・発行   1981.5
続 やませ―下北の地域と住民・教育運動― 第17回『公害と教育』研究集会 現地実行委員会 編 青森県国民教育研究所 1987.8
「3・11フクシマ」の地から原発のない社会を!―原発公害反対闘争の最前線から 第二回「原発と人権」 全国研究交流集会 「脱原発分科会」実行委員会 編著 花伝社 発行/共栄書房 発売 2014.9
只見町史資料集 第3集 「尾瀬と只見川電源開発」 只見町史編さん委員会 編 福島県只見町 1998.3
エネルギー問題はもはや存在しない 槌田敦講演記録集 脱原発・東京電力株主運動 編集・発行   1996.11
原発のない世界のつくりかた 脱原発世界会議実行委員会 編 合同出版 2012.1
女たちの3・11 脱原発ナガノ・2011フォーラム 編 オフィスエム 2011. 10
アサツユ 1991-2013 脱原発福島ネットワーク25年の歩み 脱原発福島ネットワーク 編 七つ森書館 2014.2
フクシマそしてクボカワ 脱原発を考える四万十・高知会議 2014.9.6〜9.7 脱原発をめざす高知県首長会議 編集・発行 高知新聞総合印刷 発売 2014.11
何故、私たちの郷土に! 動燃「幌延報告」の批判―「幌延問題」への疑問・その2」―   地域政策フォーラム 編集・発行   1988.8
原子燃料サイクル自立化と「下北開発」―新時代を拓く1兆円計画の効果と歩み― 地域総合開発研究会 編 秋葉出版 1985.12
『高レベル放射性廃棄物地層処分の技術的信頼性』批判 地層処分問題研究グループ (高木学校+原子力資料情報室) 編集・発行   2000.7
公開討論会 「高レベル放射性廃棄物の地層処分を考える」 (2000年10月21日) 全記録 地層処分問題研究グループ (高木学校+原子力資料情報室) 編集・発行   2001.8
震災で本当にあった泣ける話 3.11、あの日何があったのか 被災地で聞いた「ひとりひとりの物語」 知的発見! 探検隊 編著 イースト・プレス 2011.8
日米同盟と原発 隠された核の戦後史 中日新聞社会部 編 東京新聞 2013.11
君臨する原発 どこまで犠牲を払うのか 中日新聞社会部 編 東京新聞 2014.3
神の火はいま 原発先進地・福井の30年 中日新聞社福井支社・日刊県民福井 編 中日新聞社 2001.7
中部地区 電気事業に関する世論調査 中部電力 営業部 営業計画課 編 中部電力 1991.9
中部電力株式会社浜岡原子力発電所の原子炉の設置変更 (3号原子炉の増設)に係る公開ヒアリングについて 中部電力 公益事業部 原子力発電安全審査課 編 中部電力 1981.3
原子力産業 長銀産業研究会 編 東洋経済新報社 1970.11
人民勝利の記録 豊北原発阻止斗争の理論と実践 つぶせ豊北原発 1977〜1978 長周新聞社 編集・発行   1978.8
つぶせ原発―原子力発電の問題点 長周新聞社 編集・発行   1985.11
上関斗争勝利の記録―つぶせ原発 豊北から上関へ― 長周新聞社 編集・発行   1999.2
世界的視点での「脱原発論」 日本のとるべき道 長曽我部 久 トライ出版 2014.01.18
原子炉主任技術者試験問題集 (問題編・解答編全2冊) 通商産業研究社 編集・発行 (問題編―311ページ,解答編―545ページ) 1985.02.01
電気事業再編成20年史 通商産業省 公益事業局 公益事業調査課 編 電力新報社 1971.11.01
原子力発電の現状 (資料集) 通商産業省 資源エネルギー庁 公益事業局 原子力発電課 42ページ 1971.09.01
原子力発電所の事故・故障の概要 通商産業省 資源エネルギー庁 公益事業部 原子力発電安全管理課 編集・発行   1980.9
原子力コミュニケーション 新しい原子力広報を目指して 通商産業省 資源エネルギー庁 公益事業部 編 電力新報社 2001.3
 ’95 原子力発電 その必要性と安全性  (改訂新版) 通商産業省 資源エネルギー庁 公益事業部 編/日本原子力文化振興財団 発行 113ページ 1995.01
新原子力エネルギー政策―21世紀に向けて―総合エネルギー調査会原子力部会中間報告書 通商産業省 資源エネルギー庁 編 通商産業調査会出版部 1994.9
日本の原子力産業―実用化段階を迎えた原子力産業―(1975年版) 通商産業省 資源エネルギー庁長官官房原子力産業課 編 電気タイムス 1975.11
日本の原子力産業 (1971年版)―開花の時期を迎えた原子力産業― 通商産業省 大臣官房総合エネルギー政策課 原子力産業政策室 編/電気タイムス 発行 380ページ 1971.05.31
21世紀の原子力を考える 通商産業省 編 通商産業調査会 1986.9
原子力発電便覧 ’91年版 通商産業省資源エネルギー庁公益事業部原子力発電課 編 電力新報社 1990.11
日本の原子力産業 (1969年版) 通商産業大臣官房総合エネルギー政策課 原子力産業政策室 編 電気タイムス 発行/通商産業研究社 製作 1969.7
全原協「30年のあゆみ」 敦賀市原子力安全対策課(事務局)・柏崎市原子力安全対策課・川内市生活環境課 編   全国原子力発電所所在市町村協議会 1998. 10
若狭湾沿岸地域総合講座叢書11 原子力発電所立地地域のアーカイブズ構築に向かって―㈶新技術振興渡辺記念会委託研究―「先端科学技術の地域社会への定着プロセスの調査」研究成果報告書 敦賀短期大学 地域総合研究所 編  敦賀短期大学 発行/同成社 発売 2009.3
電気技術指針 原子力編 原子力発電所の緊急時対策指針 電気技術基準調査委員会 編 日本電気協会 1996. 10
東日本大震災の記録【原子力事故と計画停電】 電気新聞 編 日本電気協会新聞部 2011.6
電気年鑑 2012  電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2011.12
電気年鑑 2012  電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2011.12
2011 電氣新聞 縮刷版 平成23年3・4月号 (第248号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2011.5
2011 電氣新聞 縮刷版 平成23年5・6月号 (第249号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2011.7
2011 電氣新聞 縮刷版 平成23年7・8月号 (第250号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2011.9
2011 電氣新聞 縮刷版 平成23年11・12月号 (第252号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.1
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年9・10月号 (第257号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.11
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年1・2月号 (第253号) 電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.3
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年3・4月号 (第254号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.5
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年5・6月号 (第255号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.7
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年7・8月号 (第256号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2012.9
2012 電氣新聞 縮刷版 平成24年11・12月号 (第258号)   電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2013.1
電気年鑑 2013  電気新聞メディア事業局 編 日本電気協会新聞部 2013.3
原発現場からの報告 福島原発における安全および環境対策 電力公害研究会 編集・発行   1973.03
原発シリーズbQ 東電 原発開発推進体制 電力公害研究会 編集・発行   1974
原発資料 bR 原発問題の基礎 電力公害研究会 編集・発行   1975.01
原発シリーズbS 原発の「経済性」 電力公害研究会 編集・発行   1975.08
知っておきたい電気事業の基礎 再生可能エネルギー・安定供給・電気料金 電力時事問題研究会 著 日本電気協会新聞部 2012.5
原子力と民主主義 現場からのメッセージ 電力総連 編 第一書林 1995.9
使用済核燃料貯蔵の基礎 電力中央研究所 著 ERC出版 2014.4
東海発電所の建設―原子力発電パイオニアの記録― 東海建設記録編集委員会 編 日本原子力発電 1971.12
原発は許し難い―水戸 巌 東海原発裁判証言録 東海原発裁判を支える会 編集・発行   1987
東海村史 通史編 東海村史編さん委員会 編 東海村 1992. 10
東海第二発電所原子炉設置許可処分取消請求事件 原告・最終準備書面 東海第二原発訴訟原告団・東海第二原発訴訟弁護団 編集・発行   1984.9
東海村発足50周年記念誌 東海村50年の時 東海村 企画総務部 企画財政課 企画・編 東海村 2006.3
ジェー・シー・オー 東海事業所 第3管理棟(旧転換試験棟)内設備の保存・撤去に関する住民意識調査報告 (関連資料を含む) 東海村 経済環境部 原子力対策課 編 東海村 2004.5
JCO臨界事故から10年を迎えて〜語り継ぐ思い〜 東海村 編集・発行   2010.8
東海村臨界事故7周年報告 東海村臨界事故の原因に関する政府との一問一答 2005年9月30日〜2006年9月30日 亡き作業者の「声」を代弁する!  東海村臨界事故を忘れない9.30の会 編 たんぽぽ舎 2006.9
徹底図解 福島原発の真実 これから福島と日本に何が起きるのか? 東京工業大学 原子炉工学研究所 助教 澤田 哲生 監修 双葉社 2011. 10
3・11 福島から東京へ 広域避難者たちと歩む 東京災害支援ネット[略称〈とすねっと〉] 編著/浦松 祥子 編/大河内 知彦・村田 悠輔 編集協力 山吹書店 発行/JRC 発売 2013.2
3.11の衝撃 震災・原発―特報部は伝えた 東京新聞 編 東京新聞 2011.6
非原発 「福島」から「ゼロ」へ 東京新聞「こちら特報部」 (特別報道部) 編著 一葉社 2013.1
レベル7―福島原発事故、隠された真実 東京新聞原発事故取材班 著 幻冬舎 2012.3
ビデオは語る 福島原発 緊迫の3日間 東京新聞原発事故取材班 編 東京新聞 2014.5
原発報道 東京新聞はこう伝えた 東京新聞編集局 編 東京新聞 2012.11
弐拾年の回顧と展望 東京大学工学部原子力工学科 編集・発行   1980.11
十年史 東京大学工学部附属原子力工学研究施設 編集・発行 216ページ 1981.06.11
デコミッショニング用語事典 原子力施設廃止措置の基礎知識 (2000年3月発行の補遺集付) 東京大学大学院教授 石傅 顯吉 監修/原子力施設デコミッショニング研究協会 編 原子力施設デコミッショニング研究協会 1999.1
原子力発電の現状 東京電力 広報部 編 東京電力 1990.12
原子力発電の現状 2010年度版 東京電力 広報部 編集・発行   2010.8
―東電マンの体験談集― 東電自分史 第T集 東京電力 史料調査室 編集・発行   1994.9
―東電マンの体験談集― 東電自分史 第Z集 東京電力 史料調査室 編集・発行   1996.11
―東電マンの体験談集― 東電自分史 第]集 東京電力 史料調査室 編集・発行   1998.3
管理区域内作業における基本心得 東京電力 福島第一原子力発電所 編集・発行   1987.2
福島原子力発電所 原子炉設置許可申請書 添付書類 東京電力 編集・発行   1966.11
福島第二原子力発電所 原子炉設置変更許可申請書(3,4号原子炉の増設及び1,2号原子炉施設の変更) 本文及び添付書類 東京電力 編集・発行   1980.7
東京電力(株) サステナビリティレポート 2006 東京電力(株) 環境部 環境管理グループ 75ページ 2006.04
[管理者研修] 管理のガイドブック (基礎資料) 東京電力(株) 企画部 TQC推進室/人事部 研修室 編集・発行 184ページ 1995.06
《新入社員のみなさんへ》 昭和51年 わたくしたちの会社 東京電力(株) 研修センター研修計画課 編/東京電力(株) 発行 66ページ 1976.03
TEPCO レポート VOL.117 平成19年度「経営計画」 東京電力(株) 広報部 広報計画グループ 編集・発行 11ページ 2007.05
TEPCO レポート VOL.118 平成19年度TEPCO環境月間 東京電力(株) 広報部 広報計画グループ 編集・発行 7ページ 2007.06
TEPCO レポート VOL.126 平成22年度経営計画について 柏崎刈羽原子力発電所の現状について 東京電力(株) 広報部 広報計画グループ 編集・発行 11ページ 2010.04
数表でみる東京電力 平成5年度版 東京電力(株) 広報部 編集・発行 144ページ 1993.09.01
平成9年度 数表でみる東京電力 東京電力(株) 広報部 編集・発行 160ページ 1997.09.01
東電自分史 第T集〜第]集―東電マンの体験談集― (第\集のみなし) 東京電力(株) 史料調査室 編集・発行   1994.09.09
THE BOND (絆) とうでん特別号 740 Final 東京電力(株) 総務部 広報室 編集・発行 124ページ 2016.03
とうでん社報 合本 284〜315 順不同不揃 東京電力(株) 総務部 編集・発行 198ページ 1977.09
とうでん社報 673 故平岩元会長の「お別れの会」が執り行われる ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 26ページ 2007.08.01
とうでん社報 717 特集 新しい東京電力に向けて ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 8ページ 2012.05.23
とうでん社報 723 特集1 「勝負の年」,スタート ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 8ページ 2013.05.20
とうでん社報 732 特集1 お客さまと当社をつなぐ「でんき家計簿」 ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 8ページ 2014.09.22
とうでん社報 734 会長,社長,福島復興本社代表年頭あいさつ ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 8ページ 2015.01.08
とうでん社報 735 特集 3月11日を迎えて ほか 東京電力(株) 総務部 編集・発行 8ページ 2015.03.20
東京電力 福島第一原子力発電所 絵葉書 東京電力(株) 福島第一原子力発電所サービスホール 編集・発行   1971.03
東京電力の〈あゆみ〉―みなさまとともに30年― 東京電力(株) 編集・発行 33ページ 1981.05
TEPCO 会社案内 1998 東京電力(株) 編集・発行 49ページ 1998.04.01
管理資料 東京電力(株) 横浜火力発電所 編集・発行 112ページ 1984.08
国会事故調 調査報告書―CD-ROM(会議録・参考資料・ダイジェスト版)添付 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 著 徳間書店 2012.9
国会事故調  【参考資料】  東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 編集・発行   2012.6
国会事故調  【ダイジェスト版】  東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 編集・発行   2012.6
国会事故調  【本編】  東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 編集・発行   2012.6
国会事故調  【要約版】  東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 編集・発行   2012.6
国会事故調 調査報告書 【会議録】  東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 編集・発行   2012.6
政府事故調 中間報告書 (概要・本文編・資料編) 平成23年12月26日/政府事故調 最終報告書 (概要・本文編・資料編) 平成24年7月23日  【2分冊セット】  東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 著 メディアランド 発行/全国官報販売協同組合 発売 2012. 10
東日本大震災に伴う 「都内避難者」のくらし今ひと 東京都社会福祉協議会(総務部企画担当) 編集・発行   2013.9
下北半島における核燃料サイクル施設の立地が地域に及ぼす経済的社会的影響 統計研究会 科学技術庁 1986.3
下北半島における核燃料サイクル施設の立地が地域に及ぼす経済的社会的影響に関する調査 統計研究会 科学技術庁 原子力局 立地地域対策室委託  1986.3
動燃三十年史 動燃三十年史編集委員会 編 動力炉・核燃料開発事業団 1998.7
動燃十年史 動燃十年史編集委員会 編 動力炉・核燃料開発事業団 1978.12
動燃二十年史 動燃二十年史編集委員会 編 動力炉・核燃料開発事業団 1988. 10
よくわかる 福島県の経済と産業 とうほう地域総合研究所 編集・発行   2014.2
東日本大震災・被災者支援のための サポーターワークブック 【初任者用演習テキスト】 東北関東大震災・共同支援ネットワーク・被災者支援ワークブック編集委員会 編 全国コミュニティライフサポートセンター(CLC) 発行/筒井書房 発売 2011. 10
われらの東北電力 (前編) (後編) (昭和六十年度) 東北電力 社員研修所 編 東北電力 1985.4
もうひとつの太陽を 原子力発電のはなし 東北電力(株) 13ページ 1970.12
動燃技報 104別刷 特集「常陽」20周年 動力炉・核燃料開発事業団 大洗工学センター システム開発推進部 技術管理室 編 動力炉・核燃料開発事業団 1997.12
高速増殖炉もんじゅ発電所原子炉設置許可申請書の概要 動力炉・核燃料開発事業団 編集・発行   1982.1
動燃労十年の歩み 動力炉・核燃料開発労働組合 第三十期中央執行委員会 十年史編集委員会 編 動力炉・核燃料開発労働組合 第三十期中央執行委員会 1978.6
東日本大震災後の災害環境研究の成果 独立行政法人 国立環境研究所 編集・発行   2013.5
TMI原発事故―その実態と分析― 都甲 泰正 編著 電力新報社 1979.12
にっぽん電化史2 災害と電気 都市と電化研究会 著/橋爪 紳也・加治木 紳哉・西村 陽 編 日本電気協会新聞部 2012.11
東京の3.11 東日本大震災からの教訓 都政新報編集部 著 都政新報社 2012.2
東日本大震災合同調査報告 土木編 5 原子力施設の被害とその影響 (CD付き) 土木学会 東日本大震災合同調査報告書編集委員会 編 土木学会 発行/丸善出版 発売 2014.8
新体系土木工学  エネルギー施設(U)―火力・原子力発電、都市ガス、石油精製― 土木学会 編/萩原 敏雄 編著 技報堂出版 1979.9
北海道電力 〈泊原発〉の問題は何か 泊原発の廃炉をめざす会 編 寿郎社 2012.11
泊村史 U 泊村教育委員会・泊村史編纂委員会 編 泊村 2001.3
泊村史 T 泊村教育委員会・泊村史編纂委員会 編 泊村 2003.3
友末洋治伝 元茨城県知事の自叙と事績 友末洋治氏事績顕彰会 編集・発行   1981. 10
原子力の平和利用に関する世論調査 (昭和44年3月調査) 内閣総理大臣官房広報室 編集・発行   1969.7
平成23年版 防災白書 (CD-ROM付) 内閣府 編集・発行   2011.7
スコラムック 3・11 噂と真実―誰も書かなかった1年― ナイスク 企画・制作/スコラムック編集部 編 スコラマガジン 2012.4
福島原発事故 内部被ばくの真実 長崎大学グローバルCOEプログラム放射線健康リスク制御国際戦略拠点 企画/柴田 義貞 編 長崎新聞社 発行/えぬ編集室 制作 2012.5
もどれない故郷(ふるさと) ながどろ―飯舘村帰還困難区域の記録― 長泥記録誌編集委員会 編著 芙蓉書房出版 2016.03.05
名古屋大学工学部原子核工学教室 三十年誌 名古屋大学工学部原子核工学教室 三十年誌 編集委員会 編 名古屋大学工学部原子核工学教室 1996. 10
浪江のこころ通信〜震災後3年間の記録〜 浪江のこころプロジェクト実行委員会 編集・発行   2014.03.22
楢葉町史 第一巻 通史下 楢葉町史編纂委員会 編 福島県楢葉町 1995.3
〈エネルギー法研究シリーズX〉 原子力法の新たな展開〜課題と展望〜 ―第3回日独原子力法シンポジウム― 成田 頼明/ルドルフ・ルーケス 編 第一法規出版 1994. 10
原子力発電の現状 ダイジェスト版 新潟県 県民生活・環境部防災局 原子力安全対策課 31ページ 2005.03
なして、原発?!―新潟発・脱原発への指針 新潟県平和運動センター 編/山口 幸夫他 著 現代書館 2014.4
終戦二十周年記念出版 原子力の発展 新潟新聞社 編集・発行   1965.9
原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告 新潟日報特別取材班 著 講談社 2009.1
原発を拒んだ町―巻町の民意を追う 新潟日報報道部 著 岩波書店 1997. 10
発祥の地から全国へ 新しい原子力文化の展開を目指して―提言:21世紀における(社)茨城原子力協議会のあり方― 21世紀の協議会のあり方検討委員会 編 茨城原子力協議会 2003.4
原子力問題 図書・雑誌記事 全情報 1985‐1999 日外アソシエーツ 編集・発行 紀伊國屋書店 発売 2000.4
原子力問題 図書・雑誌記事 全情報 2000‐2011  日外アソシエーツ 編集・発行 紀伊國屋書店 発売 2011.8
震災とヒューマニズム―3・11後の破局をめぐって 日仏会館・フランス国立日本研究センター 編/クリスチーヌ・レヴィ/ティエリー・リボー 監修/岩澤 雅利/園山 千晶 訳 明石書店 2013.5
証言 東日本大震災 命と地域を守る―防災・減災・応急対策―  日刊建設工業新聞社 震災特別取材班 編著/日本建設業連合会 企画協力 日刊建設工業新聞社 発行/相模書房 発売 2012.3
平成二十四年度版 電力開発計画新鑑 日刊電気通信社 電力部 編 日刊電気通信社 2012.9
平成二十五年度版 電力新設備要覧 日刊電気通信社 電力部 編 日刊電気通信社 2013.2
別冊日経サイエンス183 震災と原発 日経サイエンス編集部 編 日経サイエンス 発行/日本経済新聞出版社 発売 2012.2
震災復興 日本経済の記録 日本経済新聞 編 日本経済新聞出版社 2012.2
日本の新聞★★★局面記事総集 2011年大晦日&2012元日 社説・論説読み比べ ニホン・ミック 総合企画室 編 ニホン・ミック 2012.1
日本アイソトープ協会50年史 日本アイソトープ協会50年史編集委員会 編 日本アイソトープ協会 2001.12
原子力の平和利用と核拡散防止条約 日本エネルギー経済研究所 編集・発行   1968.6
代替エネルギー法の最近の動向 ウラン―カナダのウラン産業 日本エネルギー法研究所 23ページ 1982.03
原子力発電所の設置及び廃止に係る許認可 日本における放射性廃棄物法制について―1987年国際原子力法学会提出報告書― 日本エネルギー法研究所 88ページ 1987.05
日本の原子力法制―原燃サイクル研究班62年度報告書― 日本エネルギー法研究所 232ページ 1988.03
近隣諸国・地域の原子力損害賠償制度―原子力責任班 報告書 別冊― 日本エネルギー法研究所 89ページ 1993.12
諸外国の原子力損害賠償制度―原子力責任班 報告書― 日本エネルギー法研究所 531ページ 1993.12
HLW処分事業推進に係る法制に関する研究報告書 日本エネルギー法研究所 高レベル事業推進準備会 委託 1996.3
原子力損害の民事責任に関するウィーン条約改正議定書及び原子力損害の補完的補償に関する条約― 平成10〜12年度国際原子力責任班中間報告書 ― 日本エネルギー法研究所 (電力中央研究所 委託) 117ページ 2001.04
原子力及び石炭政策をめぐる一考察―エネルギー政策班 57年度報告書― 日本エネルギー法研究所 エネルギー政策班 編 日本エネルギー法研究所 1983.11
日本の電源立地政策 電源立地特別交付金について (西ドイツ,バーデンベルク社,ウィリー・ハーゼンフッス氏からの質問に対する回答) 日本エネルギー法研究所 編集・発行   1982.3
放射性廃棄物処分の法的諸問題―1979年10月 第4回国際原子力法学会報告― 日本エネルギー法研究所 編集・発行   1983.3
日本の原子力争訟―原子力争訟班 報告書― 日本エネルギー法研究所 編集・発行   1989.3
日本の原子力法の現状と課題―第9回国際原子力法学会 (1989年,東京) 提出報告書―(日本側レポート) 日本エネルギー法研究所 編集・発行   1990.3
原子力損害の補完的補償に関する条約各条の解説及び法的問題点の検討―平成21〜22年度原子力損害法制検討班報告書― 日本エネルギー法研究所 編集・発行   2012.11
原子力損害賠償制度に関する今後の検討課題 東京電力兜沒第一原子力発電所事故を中心として―平成23〜24年度 原子力損害賠償に関する国内外の法制検討班報告書― 日本エネルギー法研究所 編集・発行   2014.3
4つの「原発事故調」を比較・検証する 福島原発事故 13のなぜ? 日本科学技術ジャーナリスト会議 著 水曜社 発行/青丹社 制作 2013.1
徹底検証! 福島原発事故 何が問題だったのか 4事故調報告書の比較分析から見えてきたこと 日本科学技術ジャーナリスト会議 編 化学同人 2013.3
第1回公害問題シンポジウム―金沢火力発電所の建設をめぐって― 日本科学者会議 石川支部 編集・発行    1970.9
現在進行形の福島事故―事故調報告書を読む、事故現場のいま、新規制基準の狙い― 日本科学者会議 原子力問題研究委員会 編 本の泉社 2013.9
原子力発電問題若狭シンポジウム報告集=原子力発電所の集中化と環境破壊= 日本科学者会議 編 原子力発電問題シンポジウム実行委員会 1974.5
原子力発電 知る・考える・調べる 日本科学者会議 編 合同出版 1985.8
暴走する原子力開発 日本科学者会議 編 リベルタ出版 1988.12
原子力と人類―現代の選択 日本科学者会議 編 リベルタ出版 発行/新興出版社 発売 1990.2
地球環境問題と原子力 日本科学者会議 編 リベルタ出版 発行/新興出版社 発売 1991.3
私たちは原発と共存できない 日本科学者会議 編 合同出版 2013.6
原発を阻止した地域の闘い 第一集 日本科学者会議 編 本の泉社 2015.11.19
国際原子力ムラ―その形成の歴史と実態 日本科学者会議(中須賀 徳行) 編 合同出版 2014.1
1976年 原子力発電問題(福島)シンポジウム報告集―危機における原子力発電と地域開発― 日本科学者会議原子力問題研究委員会 編 原子力発電問題シンポジウム実行委員会 1976.12
第11回原子力発電問題全国シンポジウム (新潟) (1985.8.24/25) 報告集 原子力発電と金権支配  日本科学者会議原子力問題研究委員会 編 第11回原子力発電問題全国シンポジウム (新潟) 実行委員会 1986.4
漂流する原子力と再稼働問題―日本科学者会議第35回原子力発電問題全国シンポジウム (金沢) より― 日本科学者会議原子力問題研究委員会 編 本の泉社 2015.02.06
地域を見直す―住民の立場から福井論の科学的構築をめざして― 日本科学者会議福井支部 編 日本科学者会議福井支部 発行/ゆきのした文化協会 出版協力 1984. 10
高レベル放射性廃棄物の最終処分について 日本学術協力財団 編集・発行/日本学術会議事務局 編集協力   2014.11.10
3.11 大震災 日本記者クラブの会見から 日本記者クラブ 編集・発行   2012.8
原子力安全の基本的考え方について 第T編 原子力安全の目的と基本原則  標準委員会 技術レポート 日本原子力学会 123ページ 2013.06.04
原子力安全の基本的考え方について 第T編 別冊 深層防護の考え方  標準委員会 技術レポート 日本原子力学会 73ページ 2014.05.20
原子力がひらく世紀 日本原子力学会 「原子力教育・研究」特別専門委員会 編 日本原子力学会 2004.3
「福島第一原子力発電所事故に関するセミナー」報告書 何が悪かったのか、今後何をすべきか 日本原子力学会 原子力安全部会 編 日本原子力学会 2013.3
福島第一原子力発電所事故 その全貌と明日に向けた提言―学会事故調 最終報告書― 日本原子力学会 東京電力福島第一原子力発電所事故に関する調査委員会 著 丸善出版 2014.3
日本原子力学会標準委員会 技術レポート 原子力安全の基本的考え方について 第T編 原子力安全の目的と基本原則 日本原子力学会 標準委員会 編 日本原子力学会 2013.6
JCO臨界事故 その全貌の解明―事実・要因・対応―  日本原子力学会JCO事故調査委員会 著 東海大学出版会 2005.2
原研二十年史 日本原子力研究所 原研20年史編集委員会 編 日本原子力研究所 1976.6
日本原子力研究所史 日本原子力研究所 原研史編纂委員会 編 日本原子力研究所 2005.3
原研四十年史 日本原子力研究所 原研40年史編集委員会 編 日本原子力研究所 1996.6
原子力の安全性と危険性 教職員用 (VHSビデオ) 日本原子力研究所 国際原子力総合技術センター 企画 セントラルビデオプロダクト 制作/放射線利用振興協会 配布  
放射線を目で見てみよう (VHSビデオ) 日本原子力研究所 国際原子力総合技術センター 企画 三友 制作/放射線利用振興協会 配布  
原子力自主開発のために 2  原子力自主開発のためのシンポジウム―第2回予備会議(1969.6.21)の記録から― 日本原子力研究所労働組合 98ページ 1969.08.15
軽水型発電炉をめぐる諸問題 原電東海2号炉安全性検討委員会報告 日本原子力研究所労働組合 原電東海2号炉安全性検討委員会 編 日本原子力研究所労働組合 1973.3
民主・自主・公開―日本原子力研究所労働組合15年史― 日本原子力研究所労働組合 編著 栄光出版社 1972.6
2000年にいたる原子力構想―原子力産業長期計画委員会報告書― 日本原子力産業会議 86ページ 1971.03
2000年にいたる原子力構想―資料編 日本原子力産業会議 111ページ 1971.03
原子力工業の展望 <上・下巻> 日本原子力産業会議 関西原子力懇談会 編集・発行 科学情報社 発売 1972.12
原子力と先端技術〔V〕―NSA/COMMENTARIES bS― 日本原子力産業会議 原子力システム研究懇話会 編集・発行   1996.6
原子力年鑑 (付 宇宙開発・海洋開発)  1971年版 日本原子力産業会議 編集・発行   1971.03
踊り場に来た原子力産業―原子力発電時代への挑戦―昭和47年度原子力産業実態調査報告 日本原子力産業会議 編集・発行   1974.5
原子力人名録 1977年版 日本原子力産業会議 編集・発行   1977.5
原子力年鑑 1979年版+<資料編> 日本原子力産業会議 編集・発行   1979.9
原子力発電所一覧表―Nuclear Power Plants in the World―(1987年12月31日現在) 日本原子力産業会議 編集・発行   1988.3
原子力ポケットブック 2005年版 日本原子力産業会議 編集・発行   2004.7
日本の原子力―15年のあゆみ― 上・下・年表 (全3巻)   日本原子力産業会議 編集・発行   1971. 10
原子力年鑑2000/2001年版(付別冊 原子力のあゆみ) 日本原子力産業会議 編集・発行   2000. 10
原子力年鑑 2006年 原子力開発から半世紀、新たな座標軸求められる原子力界 日本原子力産業会議 編集・発行   2005. 10
原子力は、いま 日本の平和利用30年 (上・下巻) 日本原子力産業会議(森 一久) 編 日本原子力産業会議 発行/丸ノ内出版 発売/中央公論事業出版 製作 1986.11
原子力年鑑 2013 日本原子力産業協会 監修/原子力年鑑 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2012.11
原子力年鑑 2011年版  日本原子力産業協会 監修/原子力年鑑 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2010. 10
原子力年鑑 2012年版  日本原子力産業協会 監修/原子力年鑑 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2011. 10
原子力年鑑 2014 日本原子力産業協会 監修/原子力年鑑 編集委員会 編 日刊工業新聞社 2013. 10
2012年版 あなたに知ってもらいたい原賠制度 (原産協会メールマガジン別冊特集) 日本原子力産業協会 政策推進部 編集・発行   2012.12
(原子力産業新聞別冊特集) 「低炭素革命」 を世界へ‐リーダーが語る原子力 日本原子力産業協会 編集・発行   2008.7
平成二十三年度 原子力産業新聞 (第二五六九号〜第二六一六号) 日本原子力産業協会 編集・発行   2012.4
平成二十四年度 原子力産業新聞 (第二六一七号〜第二六六四号) 日本原子力産業協会 編集・発行   2013.4
平成二十五年度 原子力産業新聞 (第二六六五号〜第二七一二号) 日本原子力産業協会 編集・発行   2014.4
NAIG30年の歩み 日本原子力事業 総務部総務課 編 日本原子力事業 1988.8
T.M.I.事故の影響分析と今後の検討課題 日本原子力情報センター 編集・発行   1979.11
日本原子力船研究協会史 日本原子力船研究協会 編集・発行   1964.3
敦賀発電所の建設―我が国軽水炉時代パイオニアの記録― 日本原子力発電 開発計画室 編 日本原子力発電 1973.3
東海第二発電所設備概要 日本原子力発電 建設部 編 日本原子力発電 1972.12
日本の原子力関係機関 日本原子力文化振興財団 81ページ 1986.03
25年のあゆみ 原子力文化をめざして 日本原子力文化振興財団 企画・編集・発行   1994.7
原子力と環境 日本原子力文化振興財団 編 読売新聞社 1975.7
敦賀原子力発電所での放射能漏洩について 日本原子力文化振興財団 編集・発行   1981.5
原子力手帳(改訂第5版) 日本原子力文化振興財団 編集・発行   1986.3
「危険な話」の誤り 日本原子力文化振興財団 編集・発行   1988.7
プレスレリーズ 103号 プルトニウムの利用―わが国の実績と計画― 日本原子力文化振興財団 編集・発行   1992.12
「原子力の基礎講座」第1分冊 原子力の基礎/第2分冊 原子炉の原理・安全性/第3分冊 原子力発電/第4分冊 新型原子炉/第5分冊 核燃料と原子炉材料/第6分冊 人体と放射線・原子力と環境/第7分冊 アイソトープ・放射線の利用/第8分冊 核融合/第9分冊 エネルギー資源/第10分冊 原子力と行政 日本原子力文化振興財団 編集・発行   1996.3
「原子力・エネルギー」図面集 2008(改訂版) 日本原子力文化振興財団 編集・発行   2008.4
原子力手帳(2006年版) 日本原子力文化振興財団 編集・発行   2006. 10
放射線という言葉に関する意識調査 日本原子力文化振興財団 編集・発行/文部科学省 委託 132ページ 2002.03
3・11後の建築・まち われわれは明日どこに住むか 日本建築学会 編 彰国社 2011.12
六ヶ所再処理工場を止めよう―生命あるものの尊厳のために―訴状 日本原燃株式会社六ヶ所再処理・廃棄物埋設事業所における再処理事業指定処分取消請求事件 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 1993.12
東日本大震災に関する特別委員会 報告書 (2013年㋂) (CD-ROM付) 日本コンクリート工学会 東日本大震災に関する特別委員会 編 日本コンクリート工学会 2013.4
福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書 日本再建イニシアティブ 福島原発事故独立検証委員会 著  ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012.3
吉田昌郎の遺言 吉田調書に見る福島原発危機 日本再建イニシアティブ 民間事故調報告書検証チーム 著 東洋出版 2015.02.27
原子力発電所の地震安全に関する地震工学分野の研究ロードマップ 日本地震工学会 原子力発電所の地震安全問題に関する調査委員会 編 日本地震工学会 2011. 10
東日本大震災合同調査報告 原子力編 (CD付き) 日本地震工学会 東日本大震災合同調査報告書編集委員会 編 日本地震工学会 発行/丸善出版 発売 2015.01.15
若狭湾国定公園に対する原子力発電所開発に関する調査報告書 日本自然保護協会 編集・発行   1975.3
法テラス・東日本大震災 相談実例Q&A集 日本司法支援センター(法テラス) 編集・発行   2011. 10
燎原の火 現地における原発反対運動の概要 日本社会党原発対策全国連絡協議会 編著 日本社会党原発対策全国連絡協議会事務局 1985.11
原子力災害と地方自治体の財政運営 日本地方財政学会 編 勁草書房 2015.02.25
その時、仲間たちは 新潟県中越沖地震・柏崎刈羽原子力発電所被災の真実 日本電気協会新聞部 編集・発行   2009.6
原子力ポケットブック 2013年版 日本電気協会新聞部 編集・発行   2013. 10
東日本大震災に対する都市自治体の対応と地域経済 (CD‐ROM付) 日本都市センター 編集・発行   2012.9
東日本大震災からの農林水産業と地域社会の復興 日本農学会 編著 養賢堂 2013.4
JAACブックレット bP ナミビアの独立―ウラン密輸と日本― 日本反アパルトヘイト委員会(JAAC) 編集・発行   1989.7
東日本大震災とフードシステム―復旧から復興に向けて― 日本フードシステム学会 編 農林統計出版 2012. 10
原発と私たちの責任―福音主義の立場から 日本福音同盟神学委員会 編 いのちのことば社 2013.06.20
いまこそ私は原発に反対します。 日本ペンクラブ 編 平凡社 2012.3
J‐JEC環境叢書シリーズ 4 孤立する日本の原子力政策 日本弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会 著 実教出版 1994.11
核燃料サイクル施設問題に関する調査研究報告書 日本弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会 編 日本弁護士連合会 1987.9
高レベル放射性廃棄物問題調査研究報告書―幌延「貯蔵工学センター」計画をめぐって― 日本弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会 編 日本弁護士連合会 1990.9
原発事故と私たちの権利―被害の法的救済とエネルギー政策転換のために 日本弁護士連合会 公害対策・環境保全委員会 編 明石書店 2012.2
福井県若狭地区原子力開発実態調査報告書 日本弁護士連合会 公害対策委員会 編 日本弁護士連合会 1976.9
孤立する日本のエネルギー政策 エネルギー政策に関する調査報告 日本弁護士連合会 著 七つ森書館 1999.2
岩波ブックレット827 検証 原発労働 日本弁護士連合会 編 岩波書店 2012.1
石油依存社会への提言―エクアドルの新たな試み ニュー・インターナショナリスト・ジャパン 101 ニュー・インターナショナリスト・ジャパン編集部 翻訳・編 インティリンクス 発行/汐文社 発売 2008.8
チェルノブイリ原発事故と,原子力発電所の安全性,防災対策を考える ニュー・テクノロジー&サイエンス 編集・発行   1986.7
脱原発の大義―地域破壊の歴史に終止符を― 農山漁村文化協会 編集・発行   2012.5
原発をとめるアジアの人びと―ノーニュークス・アジア (No Nukes Asia) ノーニュークス・アジアフォーラム 編著 創史社 発行/八月書館 発売 2015.08.15
返還廃棄物及び原子炉廃止措置をめぐる法的諸問題―廃棄物・核燃料サイクル研究班 58・59年度報告書― 廃棄物・核燃料サイクル班 編 日本エネルギー法研究所 1985.11
原子力安全最前線をゆく 博報堂名古屋支社 制作 中部電力広報室 1984.2
原子力安全最前線をゆく 博報堂名古屋支社 制作 日本原子力産業会議 中部原子力懇談会 1984. 10
佐倉の歴史 原子力発電所立地の歩み 浜岡原子力発電所佐倉地区対策協議会 編集・発行   1989.8
『その日、青い光に射抜かれた』 東海村JCO核燃料工場臨界事故住民アンケート報告  反原子力茨城共同行動 編集・発行   1999.11
『反原発新聞』 縮刷版 (〇号―一〇〇号)  反原発運動全国連絡会 編 野草社 発行/新泉社 発売 1986.12
『反原発新聞』 縮刷版 第U集(101号―160号)  反原発運動全国連絡会 編 野草社 発行/新泉社 発売 1992.7
市民科学ブックスB 知ればなっとく脱原発 反原発運動全国連絡会 編 七つ森書館 2002.3
『はんげんぱつ新聞』 縮刷版 第W集(241号―300号)  反原発運動全国連絡会 編 七つ森書館 2003.8
『はんげんぱつ新聞』 縮刷版 第X集(301号―400号)  反原発運動全国連絡会 編 せいうん 2011.9
反原発運動マップ 反原発運動全国連絡会 編 緑風出版 1997. 10
原発事故隠しの本質 反原発運動全国連絡会 編 七つ森書館 2002. 10
脱原発、年輪は冴えていま フクシマ後の原発現地 反原発運動全国連絡会 編 七つ森書館 2012. 10
『はんげんぱつ新聞』 縮刷版 第V集(161号―240号)  反原発運動全国連絡会 編集・発行   1998.7
高レベル放射性廃棄物処分場―こうして止めた! 地層処分…ここが知りたいQ&A 反原発運動全国連絡会 編集・発行   2007.8
原発震災―止めるのはわたしたち つぎつぎと暴かれる、国・電力会社のウソ 反原発運動全国連絡会 編集・発行   2008.8
反原発事典 T 反原発事典編集委員会 編 現代書館 1978.4
反原発事典 U 反原発事典編集委員会 編 現代書館 1979.4
ひだんれん(原発事故被害者団体連絡会) 東京で初の全国集会 ほか はんげんぱつ新聞 第456号 反原発運動全国連絡会 2016.03.20
プルトニウム時代の入口にたって―原子力開発の現状と反原発の闘い―反原発新聞50号発行記念パンフ 反原発新聞編集部+50号記念パンフ編集委員会 編 反原発運動全国連絡会 1982.8
1988・4/23・24原発とめよう2万人行動分散会の記録 脱原発へ歩みだす 反原発全国集会’88実行委員会 編著 七つ森書館 発行/れんが書房新社 発売 1989.4
太平洋を核のゴミ捨て場にするな!―日本の核廃棄物海洋投棄ここが問題だ 反公害輸出通報センタ−/自主講座反原発グループ 編 自主講座実行委員会 1980.9
原発・ファシズム・天皇制 反天皇制運動連絡会 編集・発行   2012.4
「東電叩き」シンドローム 脱原発論の病理 東谷 暁 著/新日本編集企画 企画・編 日刊工業新聞社 2013.1
東通村史 歴史編 U 東通村史編集委員会 編 東通村 1999.2
人の痛み この震災を転換点に〜東日本大震災から五年、愛媛に避難した私たちの声〜 東日本大震災愛媛県内被災者連絡会 編 創風社出版 2016.03.11
日立原子力の歩み―日立原子力20年史― 日立原子力20周年記念会 実行委員会 編― 日立製作所 1978.11
東京電力 福島第二原子力発電所第4号機 建設記録写真集 日立製作所 福島第二建設所 編 日立製作所 1987.8
原発事故と被曝労働 被ばく労働を考えるネットワーク 編 三一書房 2012. 10
被ばく労働者とともに闘おう! 2014 「被ばく労働者春闘」のとりくみ 被ばく労働を考えるネットワーク 編集・発行 32ページ 2015.03.11
このにねん 日々のブックレット 2 日々の新聞社 編集・発行   2013.8
このさんねん 日々のブックレット 3 日々の新聞社 編集・発行   2014.11
このいちねん 日々のブックレット 1 日々の新聞社 編集・発行   2014.9
国連グローバー勧告―福島第一原発事故後の住民がもつ「健康に対する権利」の保障と課題 ヒューマンライツ・ナウ 編 合同出版 2014.8
計測制御機器分科会報告 (案) 標準化調査委員会 計測制御機器分科会 24ページ 1982.03.11
バルブ分科会報告書 (案) 標準化調査委員会 バルブ分科会 14ページ 1982.03.15
ポンプ分科会報告書 (案) 標準化調査委員会 ポンプ分科会 14ページ 1982.03.15
「大震災」とわたし ひろしま女性学研究所 編 ひろしま女性学研究所 2012.1
東日本大震災・福島原発災害と広島大学 広島大学 編集・発行 72ページ 2013.03.11
六ヶ所が目指すこと エネルギーの羅針盤 フォーラム・エネルギーを考える 編 生産性出版 2009.2
東海臨界事故から フォーラム平和・人権・環境 原水爆禁止日本国民会議 編集・発行 31ページ 2000.03
高浜町誌 福井県大飯郡高浜町 編集・発行   1985.11
福井県の原子力 (改訂第4版) 福井原子力センター 編 福井県 1984.1
原子力発電と地域経済の将来展望に関する研究 その1―原子力発電所立地の経緯と地域経済の推移 福井県立大学 地域経済研究所 若狭湾エネルギー研究センター 委託 2010.3
原子力発電と地域2―原子力発電所による経済活動の特性と規模 福井県立大学 地域経済研究所 若狭湾エネルギー研究センター 委託 2011.3
原子力発電と地域3―エネルギー・原子力政策の転換と立地地域の将来展望 福井県立大学 地域経済研究所 若狭湾エネルギー研究センター 委託 2012.3
特別シンポジウム 東日本大震災の教訓〜あらためて原子力と向き合うために〜 開催事業報告書 福井県立大学 地域経済研究所 若狭湾エネルギー研究センター 委託 2012.3
原子力発電と地域4―原子力発電所立地地域からみた新しいエネルギーミックスと地域経済 福井県立大学 地域経済研究所 若狭湾エネルギー研究センター 委託 2013.3
IAEAに正しく対処するための参考資料集 フクシマ・アクション・プロジェクト事務局 編集・発行   2014.4
あなたはどう考えますか?〜日本のエネルギー政策〜電源立地県 福島からの問いかけ 福島県エネルギー政策検討会 「中間とりまとめ」 福島県 企画調整部 エネルギーグループ 編集・発行   2002.12
2012年版 福島県年次経済報告書 (平成23年) 福島県 企画調整部 統計課 企画・編 福島県統計協会 2012.12
一目でわかる福島県の指標 2013 福島県 企画調整部 統計課 編 福島県統計協会 2013.3
平成24年版 福島県勢要覧 福島県 企画調整部 統計課 編 福島県統計協会 2012. 10
福島は訴える 「くらし」 「子育て」 「なりわい」 を原発に破壊された私たちの願いと闘い 福島県九条の会 編 かもがわ出版 2011.11
ふくしまに生きる ふくしまを守る 警察官と家族の手記 福島県警察本部 監修 福島県警察互助会 発行/福島民報社 編集協力・発売 2012.11
わたしたちの郷土 福島県 福島県生活環境部 広報広聴課 編集・発行   1975.02.01 
2011 3・11 東日本大震災・原発事故 伊達市3年の記録 福島県伊達市 303ページ 2014.06
福島原発行動隊 今、この国に必要なこと 福島原発行動隊 書籍編集委員会(代表 山田 恭暉・内藤 忍・岡本 達思) 編著 批評社 2012.1
これでも罪を問えないのですか! 福島原発告訴団50人の陳述書 福島原発告訴団 編 金曜日 2013.9
福島原発 告訴状 福島原発告訴団、弁護団 編集・発行   2012.6
本来は「汚染国からの輸入品」想定 暫定基準値への大不信 やはり注意すべきは米、乳製品、魚介類… ほか フクシマ原発事故ウォッチ2011秋(9‐10) 通巻2号 生活と経済 2011.9
1ミリ、20ミリ、100ミリシーベルト 世界の放射線安全基準の論拠となった「広島・長崎統計」への疑問 ほか フクシマ原発事故ウォッチ2011夏(7‐8) 通巻1号 生活と経済 2011.7
食品安全基準値は信頼できるのか ウクライナ等の「汚染国」と同等以下の基準 検査対象数は極端に少ない… ほか フクシマ原発事故ウォッチ2012春・夏(4‐9) 通巻3号 生活と経済 2012.5
福島原発事故 東電テレビ会議49時間の記録 福島原発事故記録チーム 編/宮ア 知己・木村 英昭 著 岩波書店 2013.9
福島原発事故 タイムライン 2011―2012 福島原発事故記録チーム 編/宮ア 知己・木村 英昭・小林 剛 著 岩波書店 2013.9
あなたの命を「使い捨て」から守るために 被ばく労働自己防衛マニュアル [改訂第2版] 福島原発事故緊急会議 被曝労働問題プロジェクト 制作・発行   2011.9
福島第二原子力発電所 原子炉設置許可処分取消請求事件 福島原発訴訟原告団/福島原発訴訟弁護団 編集・発行    1981
放射線災害と向き合って―福島に生きる医療者からのメッセージ 福島県立医科大学附属病院被ばく医療班(現 放射線災害医療センター) 編 ライフサイエンス出版 2013.5
福島から伝えたいこと あの日 あの時から 教師と生徒の声 福島県立高等学校教職員組合 女性部 編集・発行   2012.4
福島から伝えたいこと 第2集 奪われた尊厳を取り戻すために 福島県立高等学校教職員組合 女性部 編集・発行   2013.4
原発災害とアカデミズム 福島大・東大からの問いかけと行動 福島大学 原発災害支援フォーラム[FGF]×東京大学 原発災害支援フォーラム[TGF] 著/平井 有太 編集協力 合同出版 2013.2
東日本大震災からの復旧・復興と国際比較 福島大学 国際災害復興学研究チーム 編著 八朔社 2014.5
みんなで学ぶ放射線副読本 科学的・倫理的態度と論理を理解する 福島大学 放射線副読本研究会 監修/後藤 忍 編著 合同出版 2013.3
フクシマ発―イノシシ5万頭、廃炉は遠く……人びとはいかに這いあがるか フクシマ未来戦略研究所(代表 星 亮一) 企画編集/吉田 邦吉 編 現代書館 2015.10.15
震災 原発事故から3年の記録 福島民報社 編集・発行 56ページ 2014.05
復興へ ふくしまは負けない 震災 原発事故から4年の記録 福島民報社 編集・発行 36ページ 2015.05
民報年鑑 2011〜2012 特別版 福島民報社 編集・発行 451ページ 2011.12.24
伝えたい ふくしまの心 2012年度  うつくしま復興大使の軌跡 福島民報社 編集・発行 196ページ 2013.06.21
民報年鑑 2013年度版 福島民報社 編集・発行 443ページ 2013.10.20
福島と原発―誘致から大震災への五十年 福島民報社編集局 著 早稲田大学出版部 2013.6
福島と原発2―放射線との闘い+1000日の記憶 福島民報社編集局 著 早稲田大学出版部 2014.3
福島と原発3―原発事故関連死 福島民報社編集局 著 早稲田大学出版部 2015.02.10
ふくしま春夏秋冬 福島民報 「あぶくま抄」より 福島民報社論説委員会 編 福島民報社 2014.08.01
M9.0 東日本大震災 ふくしまの30日 福島民報新聞社 編集・発行   2011.4
東日本大震災 原発事故 ふくしま 1年の記録  福島民報新聞社 編集・発行   2012.3
報道記録集 東日本大震災・原発事故  福島の1年 2011.3.11〜2012.3.11 福島民友新聞社 編集・発行   2012.3
福島を忘れない! 全国シンポジウム報告集 (2) 東京電力福島第一原発事故:現地被害自治体・現場の声を聞く 福島を忘れない! 全国シンポジウム実行委員会・たんぽぽ舎 編集・発行   2014.12
米と発電の二毛作 「原発即ゼロ」 やればできる 絵空事ではない建築家の答え 福永博建築研究所 著 海鳥社 2014.03.22
『原発・危険な再稼働への道』 ストレステスト評価 Q&A プラント技術者の会 編著 たんぽぽ舎 2012.3
「科学の目」で原発災害を考える 不破 哲三 著/日本共産党中央委員会出版局 編 日本共産党中央委員会出版局 2011.5
デコミッショニングハンドブック 米国機械学会(ASME) 発行/原子力施設デコミッショニング研究会 訳・編 原子力施設デコミッショニング研究会 2010.4
原子力ハンドブック 材料篇 米国原子力委員会 編/橋口 隆吉 監訳  商工出版社 発行/オーム社書店 発売 1957.5
スリーマイル島原発事故報告 米大統領特別調査委員会(委員長 ジョン・G・ケメニー) 編 ハイライフ出版部翻訳・発行/東京官書普及 発売 1980.4
推進か?廃炉か? 決定版 原発大論争! 別冊宝島81 JICC(ジック)出版局 1988.9
世界で広がる脱原発 フクシマは世界にどう影響を与えたのか 別冊宝島編集部 編 宝島社 2011.11
別冊宝島1821号 日本を破滅させる! 原発の深い闇2 国民の被曝を隠蔽する政官財メディアの犯罪 別冊宝島編集部 編 宝島社 2011.11
別冊宝島1469号 改訂版 これから起こる原発事故 原発問題の専門家からの警告 別冊宝島編集部 編 宝島社 2011.5
別冊宝島1796号 日本を脅かす! 原発の深い闇 東電・政治家・官僚・学者・マスコミ・文化人の大罪 別冊宝島編集部 編 宝島社 2011.8
原発を止める55の方法 各界著名人27人が示す「原発がいらない」理由 別冊宝島編集部 編 宝島社 2012. 10
世界一わかりやすい放射能の本当の話 完全対策編 別冊宝島編集部 編/青山 智樹・江口 陽子・加藤 久人・合力 次郎・斉藤 勝司・望月 昭明 著 宝島社 2011.7
3・11で考える日本社会と国家の現在 別冊法学セミナー217 日本評論社 2012.9
戦後日本住民運動資料集成7 志賀 (能登) 原発反対運動・差止訴訟資料 別冊 解題資料 編集委員 高木 恒一他5名 すいれん舎 2012.03.14
特別研究 「原子力施設等に起因する環境放射線被曝に関する調査研究」 (昭和53年度〜57年度) 最終報告書 放射線医学総合研究所 編集・発行   1984.3
放射線医学総合研究所二十年史 放射線医学総合研究所20年史編纂委員会 編 科学技術庁 放射線医学総合研究所 1977. 10
放射線医学総合研究所50年史 放射線医学総合研究所50年史編纂ワーキンググループ 企画・編 独立行政法人 放射線医学総合研究所 2007.7
放射線災害と医療 福島原発事故では何ができて何ができなかったのか 放射線事故医療研究会 (JAMMRA) 編 医療科学社 2012.3
放射線災害と医療 U 福島原発事故対応から見えてきたキーワード 放射線事故医療研究会 (JAMMRA) 編 医療科学社 2013.2
知っておきたい放射線のこと  高校生のための放射線副読本 解説編 【教師用】 放射線等に関する副読本作成員会 編著 文部科学省 2011. 10
知ることから始めよう放射線のいろいろ  中学生のための放射線副読本 解説編 【教師用】 放射線等に関する副読本作成員会 編著 文部科学省 2011. 10
研究所の立坑は処分場の入り口〜高レベル放射性廃棄物地層処分研究の超深地層研究所はどうして心配?〜講演 永井 新介さん(核のゴミから土岐市を守る会) 放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜 編集・発行   2002. 10
日本労働年鑑 第82集/2012年版 法政大学 大原社会問題研究所 編著 旬報社 2012.6
北陸原子力懇談会設立25周年記念史 25年の歩み 北陸原子力懇談会設立25年史編集委員会 編 日本原子力産業会議 北陸原子力懇談会 2002. 10
能登原子力発電所計画のあらまし 北陸電力(株) 4ページ 1982
原子力発電の解説 北陸電力労働組合 編集・発行   1989.3
北海道のエネルギー―将来展望と課題―(中間報告) 北海道経済連合会 資源エネルギー委員会 編集・発行   1976.12
原子力 負の遺産―核のごみから放射能汚染まで― 北海道新聞社 編集・発行   2013.8
エネルギーと環境 北海道大学放送教育委員会 編 北海道大学図書刊行会 1995.9
原子力関係利用対策集 北海道庁 164ページ 1958.03
原子力発電手帳 北海道電力 原子力発電岩内調査事務所 編集・発行   1976.4
岩宇と灯 北海道電力(株)   1985.05.01
使用済み核燃料の地層処分を考える 再燃する幌延問題から  基調報告書/基調講演 資料 北海道弁護士連合会・札幌弁護士会 公害対策・環境保全委員会 212ページ 2014.08.02
初公開! 現代の聖域 原発の炉心を視る!=潜入!東京電力福島第一原子力発電所6号機 毎日グラフ 8月7日号 毎日新聞社 1983.08.07
「僕のお父さんは東電の社員です」 小中学生たちの白熱議論!3・11と働くことの意味 毎日小学生新聞 編+森 達也 著 現代書館 2011.11
検証「大震災」伝えなければならないこと 毎日新聞「震災検証」取材班 著 毎日新聞社 2012.2
〈3・11後〉 忘却に抗して―識者53人の言葉― 毎日新聞夕刊編集部 編 現代書館 2012.12
福島・三池・水俣から「専門家」の責任を問う 三池CO研究会(美奈川 成章・大原 俊秀・松尾 專・木村 英昭・大住 和估) 編 弦書房 2014.7
加圧水型原子力発電プラント特集号 三菱重工技報 第113号 三菱重工業 発行/オーム社 発売 1983.1
素顔の原子力発電 モノづくりの視点から 三菱重工業 原子力事業本部 原子力PA推進センター 編著 風日舎 発行/創樹社 発売 1995.06.15
高製原子力十年のあゆみ (高砂製作所工場案内・三菱PWR用一次冷却材ポンプ パンフレット)付き 三菱重工業轄mサ製作所 編集・発行   1979.9
わかさ美浜町誌 〈美浜の文化〉 第一巻 暮らす・生きる 美浜町誌編纂委員会 編 福井県美浜町 2002.3
わかさ美浜町誌 〈美浜の歴史〉 第一巻 ふりかえる美浜 美浜町誌編纂委員会 編 福井県美浜町 2010.3
わかさ美浜町誌 〈美浜の歴史〉 第三巻 美浜をさかのぼる 美浜町誌編纂委員会 編 福井県美浜町 2011.3
原子燃料を取り巻く課題に関する総合的研究 未来工学研究所 総合研究開発機構委託 1995.3
海を越えたかんしょ踊り 福島の声 報告手記―椎名千恵子のカリフォルニア反原発ツアー― 未来を孕む女たちのとつきとおかのテントひろば行動 編集・発行   2012. 10
みんなで福井の原子力発電を考えよう その1 写真集・福井の原発 みんなで「福井の原子力発電を考える本」をつくる会 編集・発行   1983.11
大震災・原発事故とメディア 放送レポート 別冊 メディア総合研究所・放送レポート編集委員会 編 大月書店 2011.7
平成15年(行ヒ)第108号 原子炉設置許可処分無効上告受理申立事件 答弁書 申立人 経済産業大臣/相手方 磯邊 甚三 他31名  もんじゅ裁判 2003. 10
もんじゅ君対談集 3・11で僕らは変わったか もんじゅ君 著 平凡社 2014.2
震災避難所の史料 新潟県中越地震・東日本大震災 矢田 俊文・長岡市立中央図書館文書資料室 編 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野 2013.3
原発事故と農の復興―避難すれば、それですむのか?! 有機農業技術会議 企画/小出 裕章・明峯 哲夫・中島 紀一・菅野 正寿 著 コモンズ 2013.3
原発の安全性への疑問―ラスムッセン報告批判― 憂慮する科学者同盟(UCS) 編/日本科学者会議原子力問題研究委員会 訳 水曜社 1979.06.05
記者は何を見たのか―3・11東日本大震災  読売新聞社 著 中央公論新社 2011.11
読売新聞 特別縮刷版 東日本大震災 1か月の記録 2011年3月11日〜4月11日 読売新聞東京本社 編集・発行   2011.5
原発・放射能クライシス このままでは日本が滅ぶ  リーダーズノート編集部 編 リーダーズノート 2011.6
青森六ケ所村原燃サイクル施設 研修報告書 留萌建設協会二世会 編集・発行   1994.12
震災・核被害の時代と歴史学 歴史学研究会 編 青木書店 2012.05.30
中・高校生と学ぶ 福島原発事故と放射能Q&A 歴史教育者協議会 編 平和文化 2012.6
原発闇社会 マスコミが伝えない現実 連合通信社 編集部 著 機関紙連合通信社 2011.9
学習の友別冊 原発ゼロ! 未来へのたたかい 労働者教育協会 編/全労連 編集協力 学習の友社 2012.8
東日本大震災から1年半―記録と統計分析― (JILPT東日本大震災記録プロジェクト取りまとめbP) 労働政策研究・研修機構 297ページ 2012.10.10
ビジネス・レーバー・トレンド2011年6月号 震災の影響と復興に向けた課題―いま何をなし、これから何をなすべきか 労働政策研究・研修機構 編集・発行   2011.5
訴状―核燃料サイクル施設建設を阻止し次の世代のいのちを守り、きれいな自然を残すために― 六ヶ所ウラン濃縮工場の核燃料物質加工事業許可処分無効確認・取消請求事件 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 1989.7
東電・原発おっかけマップ 鹿砦社特別取材班 編著 鹿砦社 2011.8
タブーなき原発事故調書―超A級戦犯完全リスト 鹿砦社特別取材班 編著 鹿砦社 2012.9
3・11 原発震災 福島住民の証言 ロシナンテ社 編 解放出版社 2012.3
六ヶ所村史 中巻 六ヶ所村史編纂委員会 編 六ヶ所村史刊行委員会 1996.4
六ヶ所村史 下巻 T・U 六ヶ所村史編纂委員会 編 六ヶ所村史刊行委員会 1997.4
六ヶ所村史 上巻 T・U 六ヶ所村史編纂委員会 編 六ヶ所村史刊行委員会 1997.4
六ヶ所村史 年表 六ヶ所村史編纂委員会 編 六ヶ所村史刊行委員会 1997.4
訴状―私たちの権利と未来を核のゴミで汚させないために― 六ヶ所低レベル放射性廃棄物貯蔵センター廃棄物埋設事業許可処分取消請求事件 核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団 1991.11
若狭湾の原発集中化に抗して―市民が訴え続けた四半世紀の軌跡 若狭湾の原発集中化に抗して―市民が訴え続けた四半世紀の軌跡編集委員会 編 原子力発電に反対する福井県民会議 2001.12
風力・太陽光・バイオマス・地熱発電…… 徹底比較! 「新エネルギー」がよくわかる本 早稲田 聡 監修/レッカ社 編著 PHP研究所 2011.8
3・11後の日本とアジア―震災から見えてきたもの 早稲田大学アジア研究機構 編 めこん 2012.3
原子力・核問題ハンドブック 和田 長久・原水爆禁止日本国民会議 編 七つ森書館 2011.8
災害と文明  加藤尚武/発刊に寄せて 「災害と文明」取材班 編 潮出版社 2015.03.11
核燃…六ケ所村 これでいいのか! 英・ウィンズケール再処理工場周辺 恐るべき放射能汚染の実態 『核燃…六ケ所村 これでいいのか!』編集委員会 編 死の灰を拒否する会 1986.3
チェルノブイリ原子力発電所事故―コンクリート構造物に及ぼした影響― A.F.ミロバノフ・V.V.ソロモノフ・Zh.M.ラリオノバ 著/青柳 征夫 訳 技報堂出版 2013.5
社会運動と社会学[2] 反原子力運動の社会学 未来を予言する人々 A.トゥレーヌ他 著/伊藤 るり 訳 新泉社 1984.6
社会運動と社会学[3] 反原子力運動の社会学 未来を予言する人々 A.トゥレーヌ他 著/伊藤 るり 訳 新泉社 2012.3436
原子力発電論争 問題はどこにあるか D・コメイ/D・エブラハムソンほか 著/大場 英樹 訳 サイマル出版会 1977.3
FUKUSHIMA A Political Economic Analysis of a Nuclear Disaster Edited by Miranda A.SCHREURS and Fumikazu YOSHIDA Hokkaido University 2013
プルトニウムの恐怖―プルトニウム・リサイクルの危険性に関するリポート― J・ギュスターブ・スペス/アーサー・R・タンプリン/トーマス・B・コッホラン 著 原水爆禁止日本国民会議 訳・発行 1974.12.01
福島の子どもたちからの手紙〜ほうしゃのうっていつなくなるの? KIDS VOICE 編 朝日新聞出版 2012.2
チェルノブイリ:放射能と栄養 V.N.コルズン/I.P.ロス/O.P.チェストフ 著/白石 久二雄 訳 実業公報社 制作 2000.7
原子力の技術 第5巻 放射線とその応用 [上] W・マーシャル 編/加藤 和明 監訳 筑摩書房 1987.07.10
原子力の技術 第6巻 放射線とその応用 [下] W・マーシャル 編/加藤 和明 監訳 筑摩書房 1987.09.10
原子力の技術 第1巻 原子炉技術の発展 [上] W・マーシャル 編/住田 健二 監訳 筑摩書房 1986.09.30
原子力の技術 第3巻 燃料サイクル [上] W・マーシャル 編/内藤 奎爾 監訳 筑摩書房 1987.01.30
原子力公害―人類の未来をおびやかすもの アーサー・R・タンプリン/ジョン・W・ゴフマン 著/徳田 昌則 監訳/東北大学G&T翻訳グループ 訳 アグネ 1974. 10
原子炉の事故解析―ラスムッセン報告の批判―スウェーデン環境センター アーサー・R・タンプリン/ビエルン・O・ジルベルグ 著/高木 仁三郎(プルトニウム研究会) 訳 原水爆禁止日本国民会議 1975.5
福島第一原発―真相と展望 アーニー・ガンダーセン 著/岡崎 玲子 訳 集英社 2012.2
眠らない街―検証・東海村臨界事故 相沢 一正・丹野 清秋 編著/村上 千鶴子・長谷川 公一・藤井 学昭・小笠原 一郎・村井 勝美・伴 英幸・小泉 好延・伊東 良徳・笹口 孝明・見崎 信儀・国枝 康男・菅井 益郎 著 実践社 2000.6
原発敗戦 事故原因の分析と次世代エネルギーの展望 青木 一三 工学社 2012.12
ドイツにおける原子力施設反対運動の展開―環境志向型社会へのイニシアティヴ― 青木 聡子 ミネルヴァ書房 2013. 10
原発震災、障害者は…消えた被災者 青田 由幸・八幡 隆司 著/ロシナンテ社 編 解放出版社 2014.7
原発と倫理問題―反原発運動前進のために― 青水 司 市民科学研究所 発行/晃洋書房 発売 2014.09.10
活断層と原子力 青蛛@榮 エネルギーフォーラム 2013.8
原発再稼働の壁 青蛛@榮 エネルギーフォーラム 2014. 10
みんなの原子力発電 知っておかないと怖い 青山 智樹 総合科学出版 2011.5
「辺境」からはじまる―東京/東北論 赤坂 憲雄・小熊 英二 編著 明石書店 2012.5
原発崩壊 増補版 想定されていた福島原発事故  明石 昇二郎 金曜日 2011.5
ニュークリア・レインのあとに―ぼくのルポルタージュ実習― 明石 昇二郎 白水社 1987.11.10
原子力事業に正義はあるか 秋元 健治 現代書館 2011.6
原子力事業に正義はあるか―六ヶ所核燃料サイクルの真実―  秋元 健治 現代書館 2011.6
原子力推進の現代史―原子力黎明期から福島原発事故まで― 秋元 健治 現代書館 2014.09.30
六ヶ所核燃施設を大地震が襲うとき―危険な「安全審査」の実態 浅石 紘爾 編著 創史社 発行/八月書館 発売 1999.1
元・現場技術者がすべてを語った! 福島原発でいま起きている本当のこと 淺川 凌 宝島社 2011.9
原発、いのち、日本人 浅田 次郎/藤原 新也/ピーター・バラカン/レーナ・リンダル/辻井 喬/豊竹 英大夫/野中 ともよ/想田 和弘/谷川 俊太郎 著/今井 一 構成 集英社 2013.1
14歳の世渡り術シリーズ 特別授業 3.11 君たちはどう生きるか あさの あつこ・池澤 夏樹・鎌田 浩毅・最相 葉月・斎藤 環・橘木 俊詔・田中 優・橋爪 大三郎・鷲田 清一 著 河出書房新社 2012.3
環境土壌学者がみる福島原発事故―データで読み解く土壌・食品の放射性核種汚染 浅見 輝男 アグネ技術センター 2013.4
浜岡 ストップ!原発震災 東井 怜 野草社 発行/新泉社 発売 2012.3
原発とレアアース 畔蒜 泰助 日本経済新聞出版社 2011.8
原発を読む―チェルノブイリ・ノート 麻生 丈士 八月書館 1988. 10
原発・環境問題と企業責任―環境経営学の課題 足立 辰雄 新日本出版社 2014.3
原子力のリスクと安全規制―福島第一事故の“前と後”― 阿部 清治 第一法規 2015.03.30
原発の安全性と核廃棄物の処理 人類のエネルギー源としての原発 阿部 康宏 東京図書出版 発行/リフレ出版 発売 2013.07.13
原発大震災の超ヤバイ話 安部 芳裕 ヒカルランド 2011.7
知っていますか?脱原発一問一答 天笠 啓祐 解放出版社 2011.12
東電の核惨事 天笠 啓祐 緑風出版 2011.7
この国のミライ図を描こう 天笠 啓祐 現代書館 2012. 10
面白読本 反原発  天笠 啓祐 著/みつい ぎんこ 絵/制作集団Q 編 柘植書房 1988.7
原子力規制委員会の孤独 原発再稼働の真相 天野 健作 エネルギーフォーラム 2015.03.01
14歳からの原発問題 雨宮 処凛 河出書房新社 2011.9
危機後30年―石油ショックから日本は何を学んだか― 新井 光雄 日本電気協会新聞部 2004.5
激動 エネルギーの10年 新井 光雄 ERC出版 2006.3
原発に抗して―一科学史教師の闘い 荒川 紘 唯学書房 発行/アジール・プロダクション 発売 2014.1
教養 原子力講座 第4巻 応用編V 原子力と化学工業 有沢 広巳・石坂 泰三・内田 俊一・都築 正男・藤山 愛一郎・湯川 秀樹 監修 中山書店 1957.2
原子力の将来 有澤 廣巳・湯川 秀樹・伏見 康治・茅 誠司・櫻田 一郎・畑中 武夫 著 日本原子力平和利用基金 発行/丸善 発売 1958.07.10
今、原子力研究者・技術者ができること 有冨 正憲 編著 培風館 2012.3
原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史 有馬 哲夫 新潮社 2008.2
原発と原爆 「日・米・英」核武装の暗闘 有馬 哲夫 文藝春秋 2012.8
福島原発事故賠償の研究 淡路 剛久・吉村 良一・除本 理史 編 日本評論社 2015.05.25
かもがわブックレット―M 原発 そこが知りたい 増補版 安斎 育郎 かもがわ出版 1992.3
福島原発事故 どうする日本の原発政策 安斎 育郎 かもがわ出版 2011.5
これでわかる からだのなかの放射能―正しく知ろう! 放射能汚染と健康被害 安斎 育郎 合同出版 2011.7
原発事故の理科・社会 安斎 育郎 新日本出版社 2012.9
「原発」文献事典 1951-2013 安斎 育郎 監修/文献情報研究会 (石村 健) 編著 日本図書センター  2014.5
図説原子力読本 安斎 育郎 編 合同出版 1979.2
原発ゼロ 安斎 育郎 編著 かもがわ出版 2012.3
「原発ゼロ」プログラム―技術の現状と私たちの挑戦 安斎 育郎・舘野 淳・竹濱 朝美 編著 かもがわ出版 2013.3
さらば国策産業 「電力改革」 450日の迷走と失われた60年 安西 巧 日本経済新聞出版社 2012.11
放射線の世界へようこそ―福島第一原発事故も含めて― 安東 醇 通商産業研究社 2013.12
第12回原子力発電問題全国シンポジウム (青森) 報告集 核燃料サイクル施設と地域・住民 安藤 房治・伊藤 敬一・末永 洋一 編 第12回原子力発電問題全国シンポジウム (青森) 県実行委員会 1986.8
原子力をめぐる「日米協力」の形成と定着 1953-1958 李 R雄 龍渓書舎 2013.8
原発国民投票をしよう! 原発再稼働と憲法改正 飯田 泰士 えにし書房 2015.02.05
北欧のエネルギーデモクラシー 飯田 哲也  新評論 2000.3
未来の大人たちに教えたい 原発とサヨナラする54の理由 飯田 哲也  牧野出版 2012.4
原発がなくても電力は足りる! 検証!電力不足キャンペーン5つのウソ  飯田 哲也 監修/「原発がなくても電力は足りる!」編集部 編  宝島社 2011.9
自然エネルギー白書 2014 飯田 哲也 監修/松原 弘直 編集責任 環境エネルギー政策研究所(ISEP) 作成・発行 2014.3
私たちは、原発を止めるには日本を変えなければならないと思っています。 飯田 哲也・上杉 隆・内田 樹・江田 憲司・開沼 博・小出 裕章・古賀 茂明・坂本 龍一・高橋 源一郎・田中 三彦・藤原 帰一・保坂 展人・丸山 重威・和田 光弘 著/渋谷 陽一・兵庫 慎司・川辺 美希 編 ロッキング・オン 2011.12
今こそ、エネルギーシフト 原発と自然エネルギーと私達の暮らし 飯田 哲也・鎌仲 ひとみ 著 岩波書店 2011.5
「原子力ムラ」を超えて ポスト福島のエネルギー政策 飯田 哲也・佐藤 栄佐久・河野 太郎  NHK出版 2011.7
日本版グリーン革命で経済・雇用を立て直す 飯田 哲也・田中 優・筒井 信隆・吉田 文和 著  洋泉社 2009.6
次世代に伝えたい 原子力重大事件&エピソード 飯高 季雄 日刊工業新聞社 2010.3
2020年、電力大再編―電力改革で変貌する巨大市場― 井熊 均 編著 日刊工業新聞社 2013.5
私のエネルギー論 池内 了 文藝春秋 2000.11
娘と話す 原発ってなに? 池内 了 現代企画室 2011. 10
人間だけでは生きられない 「科学者として東京オリンピックに反対します」 池内 了 興山舎 2014.12.08
核を乗り越える 池内 了 新日本出版社 2014.12.25
脱原発社会を創る30人の提言 池澤 夏樹・坂本 龍一・池上 彰 ほか著/瀧井 宏臣 編集協力  コモンズ 2011.7
原発「危険神話」の崩壊 池田 信夫 PHP研究所 2012.2
福島原発作業員の記 池田 実 八月書館 2016.02.22
梅原猛総監修 シリーズ 「文明のゆくえ―近代文明を問う」 原子力時代の終焉―東日本大震災に臨んで― 池田 善昭 晃洋書房 2013.7
改訂新版 保険社会―情報化・原子力時代と保険 池野 高理 技術と人間 1998.6
原爆・原発―核絶対否定の理論と運動 池山 重朗 明石書店 2012.8
原発の正しい「やめさせ方」 石川 和男 PHP研究所 2013.8
原子力政策の検証とゆくえ 石川 欽也 電力新報社 1991.11
ドキュメント 原子力政策―21世紀への道 石川 欽也 電力新報社 1987. 10
新・原子力政策と21世紀 石川 欽也 電力新報社 1994. 10
原子力への目 石川 迪夫 日本電気協会新聞部 2005.12
考証 福島原子力事故 炉心溶融・水素爆発はどう起こったか 石川 迪夫 日本電気協会新聞部 2014.3
原子炉解体 廃炉への道 石川 迪夫 編著 講談社 2011.4
苦言をひとつ〜若狭からのメッセージ 石黒 順二 エムシーアール 2003.11
原子力政策へ 原発最多県からの発信 石田 裕了 ミヤオビパブリッシング 発行/宮帯出版社 発売 2013.2
なぜJAは将来的な脱原発をめざすのか 石田 正昭 編著 家の光協会 発行/家の光出版総合サービス 制作 2013.3
原発震災―警鐘の軌跡 石橋 克彦 七つ森書館 2012.2
原発を終わらせる 石橋 克彦 編 岩波書店 2011.7
福島原発事故から150日、復活した元気な旅館の物語 わたしはゼッタイに負けない!! 石橋 孝子 柴田書店 2012.3
放射性廃棄物管理―日本の技術開発と計画 石原 健彦・大橋 弘士 監修/日本原子力産業会議 編集・発行   1997.7
福島原発と被曝労働―隠された労働現場、過去から未来への警告 石丸 小四郎/建部 暹/寺西 清/村田 三郎 著 明石書店 2013.1
大震災と日本の法政策 石村 耕治・市村 充章 編著 丸善プラネット 発行/丸善出版 発売 2013.1
脱原発 ドイツと日本 学ぶドイツ・懲りない日本 伊関 武夫 批評社 2013.1
原発と裁判官 なぜ司法は「メルトダウン」を許したのか 磯村 健太郎・山口 栄二 著 朝日新聞出版 2013.3
京都民報社 創刊50周年企画 ―原発ゼロへ―1から分かる原発問題 (完全収録版) 全26回 市川 章人・小野 英喜 著 京都民報社 2012.3
FUKUSHIMA―福島県双葉郡楢葉町 1998-2006― 市川 勝弘 著/カワイイファクトリー 編 トゥルーリング 2011.12
フクシマからの手紙―3・11後の日本に生きるすべての人へ 市川 恵子 本の泉社 2011.8
原子力ムラからのレポート 市川 富士夫 リフレ出版 2013.12
脱原発 「異論」 市田 良彦・王寺 賢太・小泉 義之・絓 秀実・長原 豊 作品社 2011.11
放射能問題に立ち向かう哲学 一ノ瀬 正樹 筑摩書房 2013.1
原発再稼働の深い闇 一ノ宮 美成ほか 著 宝島社 2012.9
東海原子力発電所物語 一本松 珠璣 東洋経済新報社 1971.9
東日本大震災からの日本再生 伊藤 滋・尾島 俊雄 監修 中央公論新社 2011.6
日本が破壊する世界遺産 日本の原発とオーストラリア・ウラン採掘  伊藤 孝司 著/細川 弘明 協力/日本消費者連盟 共同企画 風媒社 2000.4
原発輸出の欺瞞―日本とベトナム、「友好」関係の舞台裏 伊藤 正子・吉井 美知子 編著 明石書店 2015.02.16
ドキュメント テレビは原発事故をどう伝えたのか 伊藤 守 平凡社 2012.3
震災を乗り越える社会情報学 札幌学院大学総合研究所シンポジウム 札幌学院大学社会情報学部開設20周年記念 伊藤 守,岩上 安身,増永 良文,正村 俊之 著 札幌学院大学総合研究所 2012.3
原子力発電の政治経済学 伊東 光晴 岩波書店 2013. 10
浜岡原発の危険 住民の訴え 伊藤 実・小出 裕章・神戸 泰興・柳沢 静雄・藤原 照巳・吉川 雅宏・長野 栄一・嶋橋 美智子・伊藤 眞砂子・田島 五郎 実践社 2006.1
浜岡原発の危険! 住民の訴え 伊藤 実・小出 裕章・神戸 泰興・柳沢 静雄・藤原 照巳・吉川 雅宏・長野 栄一・嶋橋 美智子・伊藤 眞砂子・戸倉 由紀枝・田島 五郎 アクティオ 2011.5
なぜわたしは町民を埼玉に避難させたのか 井戸川 克隆 (証言者)・佐藤 聡 (企画・聞き手) 駒草出版 2015.04.21
脱原発で住みたいまちをつくる宣言 首長篇 井戸川 克隆,村上 達也,桜井 勝延,根本 良一,笹口 孝明,保坂 展人,上原 公子,西原 茂樹,三上 元,曽我 逸郎,澤山 保太郎 著 影書房 2013.7
大間・新原発を止めろ 核燃サイクルのための専用炉 稲沢 潤子・三浦 協子 著 大月書店 2014.07.11
反原発か、増原発か、脱原発か―日本のエネルギー問題の解決に向けて― 稲場 秀明 大学教育出版 2013.2
進行する原発の老朽化 原子炉圧力容器の照射脆化を中心に  付記 柏崎刈羽原発の地震による損傷「柏崎刈羽・科学者の会」講演会資料から 井野 博満 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2010.12
福島原発事故はなぜ起きたか 井野 博満 編/井野 博満・後藤 政志・瀬川 嘉之 著 藤原書店 2011.6
徹底検証 21世紀の全技術 井野 博満・佐伯 康治 責任編集/現代技術史研究会 編 藤原書店 2010. 10
原発賠償の行方 井上 薫  新潮社 2011.11
ふくしまノート ❶ 井上 きみどり 竹書房 2013.3
開発記録 原子力船「むつ」 井上 啓次郎  ラテイス 制作 1986.3
ごせやける 許さんにぇ フクシマ原発被災者の歩み・双葉町から〜これまでの3年、これからの3年〜 井上 仁 言叢社 2014.03.11
原子力発電と地域政策―「国策への協力」と「自治の実践」の展開― 井上 武史 晃洋書房 2014.3
原子力発電と地方財政―「財政規律」と「制度改革」の展開― 井上 武史 晃洋書房 2015.03.20
西海原子力発電所/輸送 井上 光晴 講談社 2014.3
村と原発 窪川原発計画をもみ消した四万十の人びと 猪瀬 浩平 農山漁村文化協会 2015.11.15
「原発」国民投票 今井 一 集英社 2011.8
原発幻魔大戦 いましろ   たかし エンターブレイン 発行/角川グループパブリッシング 発売 2012.03.08
原発幻魔大戦 首相官邸前デモ編 いましろ   たかし エンターブレイン 発行/角川グループパブリッシング 発売 2012.11.06
Silent War(サイレント ウォー) 見えない放射能とたたかう 今中 哲二 講談社 2012.11
旧ソ連の原子力開発にともなう放射能災害とその被害規模に関する調査研究 (2008-2010年度科研費助成研究報告書) 今中 哲二 編 京都大学原子炉実験所 2013.3
チェルノブイリ事故による放射能災害―国際共同研究報告書 今中 哲二 編 技術と人間 1998. 10
熊取六人衆の脱原発 今中 哲二、海老澤 徹、川野 眞治、小出 裕章、小林 圭二、瀬尾健 著 七つ森書館 2014.06.01
チェルノブイリ10年 大惨事がもたらしたもの  今中 哲二ほか著/原子力資料情報室 編 原子力資料情報室 1996.4
福島原発の真実 最高幹部の独白 今西 憲之+週刊朝日取材班 著 朝日新聞出版 2012.3
原子力ムラの陰謀 機密ファイルが暴く闇 今西 憲之+週刊朝日取材班 著 朝日新聞出版 2013.8
「電園都市」の創造 電源地域市町村の新たな挑戦 入江 一友 日本地域社会研究所 1995.5
エネルギーフォーラム新書 005 原子力に未来はあるか 入江 一友 エネルギーフォーラム 2011.11
漂流する国ニッポン 3・11大震災・福島原発事故で見えた“誰も責任を取らない国”の実相 入江 吉正 フォレスト出版 2011.11
百人百話 第1集 岩上 安身 三一書房 2012.3
脱原発と工業文明の岐路 岩佐 茂、高田 純 著 大月書店 2012.8
飯舘村史 第一巻 通史 岩崎 敏夫 監修/飯舘村史編纂委員会 編 飯舘村 1979.12
ひとりからの反原発マニュアル 岩田 薫 芸術新聞社 2013.04.30
岐路に立つ 六ヶ所村の人々と共に 岩田 雅一 新教出版社 1990.9
開設五周年記念出版 寺下力三郎とわれら六ケ所村の闘い  岩田 雅一 日本キリスト教団八戸北伝道所 1999.7
原子力と環境の経済学〜スウェーデンのジレンマ〜 ウィリアム・D・ノードハウス 著/藤目 和哉 監訳 電力新報社 1998.12
報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪 上杉 隆+烏賀陽 弘道 著 幻冬舎 2011.7
わが子からはじまる 原子力と原発 きほんのき  上田 昌史 クレヨンハウス 2011.8
大震災に学ぶ社会科学 第5巻  被害・費用の包括的把握 植田 和弘 編 東洋経済新報社 2016.03.17
フクシマ 3・11の真実 植田 正太郎 ゴマブックス 2011.7
原発難民 放射能雲の下で何が起きたのか 烏賀陽 弘道 PHP研究所 2012.11
ヒロシマからフクシマへ 原発をめぐる不思議な旅 烏賀陽 弘道 ビジネス社 2013.7
原発事故 未完の収支報告書  フクシマ2046 烏賀陽 弘道 ビジネス社 2015.03.01
関西電力と原発 うずみ火編集部 矢野 宏・高橋 宏 著/特別参加 山本 浩之 西日本出版社 2014.05.06
原子力損害賠償の法律問題 卯辰 昇 金融財政事情研究会 発行/きんざい 販売 2012.1
この国はどこで間違えたのか―沖縄と福島から見えた日本― 内田 樹・小熊 英二・開沼 博・佐藤 栄佐久・佐野 眞一・清水 修二・広井 良典・辺見 庸 著 徳間書店 2012.11
価値観再生道場 原発と祈り 内田 樹☓名越 康文 [聞き手・文]橋口 いくよ メディアファクトリー 2011.12
日本の原発、どこで間違えたのか 内橋 克人 朝日新聞出版 2011.4
脱原発―原発は原爆と同じくらい恐ろしい― 内山 健 あずさ書店 2015.01.10
原発地震動想定の問題点 内山 成樹 七つ森書館 2015.03.11
目を凝らしましょう。見えない放射能に。 うの さえこ クレヨンハウス 2012.2
ノーモア・フクシマ 浦上 深作 編著 あかね図書販売 2011. 10
放射能汚染 ほんとうの影響を考える フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか 浦島 充佳 化学同人 2011.7
原発と次世代エネルギーの未来がわかる本 漆原 次郎 洋泉社 2011.6
地下水放射能汚染と地震 江口 工 オークラ出版 2012.4
脱「原子力ムラ」と脱「地球温暖化ムラ」 江澤 誠 新評論 2012.9
原発 エステル・ゴンスターラ 著 岩波書店 2011.6
今日もフツーにごはんを食べる 枝元 なほみ 芸術新聞社 2013.2
人形峠ウラン公害ドキュメント 榎本 益美 著/小出 裕章 解説 北斗出版 1995.4
検証 むつ小川原の30年 江波戸 宏 デーリー東北新聞社 2002.12
3.11大震災・福島原発を海外メディアはどう報じたか エリック・ジョンストン 著/小川 貴宏 訳 ジャパンタイムズ 2011.9
大震災後の社会学 遠藤 薫 編著 講談社 2011.12
原子力損害賠償制度の研究―東京電力福島原発事故からの考察 遠藤 典子 岩波書店 2013.9
原発事故と食品安全―農林水産業再建と食品安全確保への試練― 遠藤 保雄 農林統計出版 2012.3
福島 FUKUSHIMA 土と生きる 大石 芳野 藤原書店 2013.01.30
大澤真幸 THINKING「O」第10号記念号 特集▾3・11後の日本経済 大澤 真幸/岩井 克人 左右社 2011. 10
メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 大鹿 靖明 講談社 2012.1
メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故 大鹿 靖明 講談社 2013.2
原子力と50年「服部禎男」大激白 「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる! 大下 英治 ヒカルランド 2011.11
小泉純一郎 「原発ゼロ」 戦争 大下 英治 青志社 2014.02.04
原発のコスト―エネルギー転換への視点 大島 堅一 岩波書店 2011.12
原発はやっぱり割に合わない 国民から見た本当のコスト 大島 堅一 東洋経済新報社 2013.01.03
原発事故の被害と補償―フクシマと「人間の復興」 大島 堅一・除本 理史 大月書店 2012.2
南相馬10日間の救命医療 津波・原発災害と闘った医師の記録  太田 圭祐 時事通信出版局 発行/時事通信社 発売 2011.12
MYWAY MOOK 東日本大震災 特別リポート 風化する光と影“メディアから消えつつある震災”の中間報告 太田 伸幸・渡部 真 編 イーロックプランニング 発行/マイウェイ出版 発売 2012.4
日米〈核〉同盟―原爆,核の傘,フクシマ 太田 昌克 岩波書店 2014.08.20
日本はなぜ核を手放せないのか―「非核」の死角 太田 昌克 岩波書店 2015.09.15
飛躍の軌跡・核融合 新しい技術を生み出した人びとの経験  太田 充 ERC出版 2006.3
のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録 太田 康介 飛鳥新社 2011.7
3.11 大震災と厚労省―放射性物質の影響と暫定規制 大塚 耕平 丸善出版 2012.3
環境・地域・エネルギーと原子力開発〜青森県の未来を考える〜 大坪 正一・宮永 崇史 編著 弘前大学出版会 2013. 10
原子力技術論 大友 詔雄・常盤野 和男  北海道大学生活協同組合 発行/全国大学生活協同組合連合会 発売 1990.4
シャッター商店街と線量計―大友良英のノイズ原論 大友 良英 著/安齋 一壽・伸也、猪飼 周平、開沼 博、木村 真三、高橋 源一郎、もんじゅ君、渡辺 あや 共著 青土社 2012.12
クロニクル FUKUSHIMA 大友 良英 著/宇川 直宏,遠藤 ミチロウ,木村 真三,坂本 龍一,丹治 博志・智恵子・宏大,森 彰一郎,和合 亮一 共著 青土社 2011. 10
フクシマからはじめる日本の未来 大友 良英・金子 勝・児玉 龍彦・坂本 龍一 著 アスペクト 2012.3
〈東大まちづくり大学院シリーズ〉 東日本大震災 復興まちづくり最前線 大西 隆・城所 哲夫・瀬田 史彦 編著 学芸出版社 2013.3
世界が見た福島原発災害 2―死の灰の下で 大沼 安史 緑風出版 2011.11
世界が見た福島原発災害―海外メディアが報じる真実 大沼 安史 緑風出版 2011.6
世界が見た福島原発災害 3―いのち・女たち・連帯 大沼 安史 緑風出版 2012.3
世界が見た福島原発災害4―アウト・オブ・コントロール 大沼 安史 緑風出版 2015.03.15
関西電力―原子力エネルギーのパイオニア 大野 誠治 TBSブリタニカ 1990.9
関西電力の21世紀戦略 電力事業の可能性を広げる 大野 誠治 東洋経済新報社 2000.3
原子力は必要か?〜アメリカの原子力危険論争〜 大場 英樹・小出 五郎 著 技術と人間 1976.11
農業6次化がフクシマを救う 大畑 太郎 アストラ 2013.3
日本復興計画 Japan;The Road to Recovery 大前 研一  文藝春秋 2011.4
原発再稼働「最後の条件」 「福島第一」事故検証プロジェクト最終報告書 大前 研一  小学館 2012.7
大飯原発1、2号機〜ドキュメント 誘致から営業運転まで〜 大村 稀一 大村 稀一 2013.5
COE-INES ブックレットシリーズ 3 原子力における技術者倫理 大輪 武司・大場 恭子・北村 正晴・岡田 佳男 著/澤田 哲生 編著   東京工業大学原子炉工学研究所 21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」(略称COE-INES) 事務局 2007.12
原発問題の争点―内部被曝・地震・東電 大和田 幸嗣、橋本 真佐男、山田 耕作、渡辺 悦司 著 緑風出版 2012.9
原発避難民 慟哭のノート 大和田 武士・北澤 拓也 編 明石書店 2013.3
若狭湾の原子力発電所=安全性と環境破壊を考える= 岡田 栄一 編集・発行   1974. 10
原発に依存しない地域づくりへの展望―柏崎市の地域経済と自治体財政― 岡田 知弘・川瀬 光義・にいがた自治体研究所 編 自治体研究社 2013.4
コメとプルトニウム 21世紀への最期の選択の時 緒方 博之 かもがわ出版 1997.8
日本の地震地図 東日本大震災後版 岡田 義光 東京書籍 2012.1
原子力とその周辺―知られざる側面― 岡本 和人 ナショナル ピーアール 発行/新潮社 製作 1981.11
核及び非核エネルギーの環境への影響評価〜データに基づく各種エネルギーの相対比較〜 岡本 和人 日本原子力情報センター 1981.10.01
JCO事故後の原子力世論 岡本 浩一・宮本 聡介 編 ナカニシヤ出版 2004.4
証言 班目 春樹 原子力安全委員会は何を間違えたのか? 岡本 孝司 新潮社 2012.11
変わる人々 3・11後のソーシャルアクション 岡本 俊浩 フィルムアート社 2012.3
〈エネルギー法研究シリーズW〉 電源立地の行政過程と司法過程 雄川 一郎 編著 第一法規出版 1984.11
汚染水はコントロールされていない 東電・規制委・政府の最新公表データを読み解く 荻野 晃也 第三書館 2014.10.10
阪神大震災と原発―直下型地震に原発は耐えられるか?― 荻野 晃也 著/地震・環境・原発研究会 制作 たんぽぽ舎 1996.4
静岡県における防災・減災と原子力 奥野 健二・大矢 恭久 編 ITSC 静岡学術出版事業部 2013.2
放射能に抗う 福島の農業再生に懸ける男たち 奥野 修司 講談社 2013.3
原発問題の展望 あるべき日本の未来 奥野 道雄 文芸社 2014.07.15
原発を止める人々―3・11から官邸前まで 小熊 英二 編著/木下 ちがや 共編 文藝春秋 2013.9
ルポ 東京電力原発危機1カ月 奥山 俊宏 朝日新聞出版 2011.6
元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ 小倉 志郎 彩流社 2014.07.01
たんぽぽ舎パンフ26 もんじゅは地震に危ない 敷地のそばに活断層の疑い 超欠陥原子炉のもう1つの危険性 ナトリウム事故だけではないよ 生越 忠 著/地震・環境・原発研究会 編 たんぽぽ舎 1996.1
能登原発はやっぱり危ない 衝撃の内部告発がまた、北陸電力の嘘を暴いた! 生越 忠 編著 JICC(ジック)出版局 1989.2
汐凪(ゆうな)を捜して 原発の町 大熊の3.11 尾崎 孝司 かもがわ出版 2013. 10
減電社会 コミュニティから始めるエネルギー革命 小澤 祥司 講談社 2012.12
エネルギーを選びなおす 小澤 祥司 岩波書店 2013. 10
原発に一番近い病院 小鷹 昌明 中外医学社 2013. 10
脱原爆・脱原発の源流から 小野 伸尚 編 武谷三男に学ぶ会 2014.09.30
原爆と原発 ホピの聖なる預言 地球から日本人への緊急メッセージ 小原田 泰久 著/細井 優子 編集制作 学研パブリッシング 発行/学研マーケティング 発売 2012.8
東海村まちづくりアンケート 報告書 帯刀 治 監修/茨城大学大学院 人文科学研究科 地域政策専攻 地域社会論研究室 編 東海村 企画総務部 企画課 1999.8
原子力と地域社会 東海村JCO臨界事故からの再生・10年目の証言 帯刀 治・熊沢 紀之・有賀 絵理 編著 文眞堂 2009.2
東大闘争と原発事故―廃墟からの問い 折原 浩・熊本 一規・三宅 弘・清水 靖久 著 緑風出版 2013.8
新装版 原発に子孫の命は売れない―原発ができなかったフクシマ浪江町 恩田 勝亘 七つ森書館 2011.9
福島原発 現場監督の遺言 恩田 勝亘 講談社 2012.2
福島原子力帝国 原子力マフィアは二度嗤う 恩田 勝亘 七つ森書館 2013. 10
コミック 産業情報シリーズ B 知恵とともに生きる未来へ 環境企業 東京電力 甲斐 謙二 画/文芸館 編集協力 恒信社 編・発行/国際出版研究所 発行 2000.6
ICRP Publication 111 原子力事故または放射線緊急事態後の長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用 甲斐 倫明 監修/本間 俊充・木村 仁宣・高原 省五 訳/ICRP勧告翻訳検討委員会 編  日本アイソトープ協会 発行/丸善出版 発売 2012.3
『海江田ノート』 原発との闘争176日の記録 海江田 万里 講談社 2012.11
原発訴訟 海渡 雄一 岩波書店 2011.11
脱原発を実現する 海渡 雄一 明石書店 2012.11
反原発へのいやがらせ全記録 原子力ムラの品性を嗤う 海渡 雄一 編 明石書店 2014.1
「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか 開沼 博 青土社 2011.6
フクシマの正義 開沼 博 幻冬舎 2012.9
科学者の視点から見た原子力発電の課題と将来性 福島原子力発電所事故からみたエネルギー・環境保全・安全性・信頼性の諸問題 郭 位 著/孫 久富 監訳 城西大学出版会 2014.3
中国原発大国への道 郭 四志 岩波書店 2012.5
資源小国 日本の挑戦―日米原子力交渉物語― 核燃料サイクル問題研究会 編 日刊工業新聞社 1978.5
東京電力 原発にゆれる電力  [日本のビッグ・ビジネス8] 角瀬 保雄/谷江 武士  大月書店 1990.11
3・11後の放射能「安全」報道を読み解く 社会情報リテラシー実践講座 影浦 峡 現代企画室 2011.7
信頼の条件 原発事故をめぐることば 影浦 峡 岩波書店 2013.4
報告第52集 放射能「安心」報道を読み解く   影浦 峡 講演/国連・憲法問題研究会 編 国連・憲法問題研究会 2012.3
飯舘村を歩く 影山 美知子 七つ森書館 2014.11
8・15と3・11 笠井 潔 NHK出版 2012.9
3・11の未来 日本・SF・創造力 笠井 潔/巽 孝之 監修/海老原 豊/藤田 直哉 編 作品社 2011.9
シリーズ 臨界事故のムラから 3 あの日に戻れたら 葛西 文子 那珂書房 2003.6
農業・漁業をどう立て直すか―大震災・原発事故からの復旧の実態、復興の課題― 梶井 功 編集代表/服部 信司 編集担当 農林統計協会 2012.1
エネルギー革命  3.11後の新たな世界へ 柏木 孝夫 日経BP社 発行/日経BPマーケティング 発売 2012.2
ラジオ福島の300日 片瀬 京子とラジオ福島 著 毎日新聞社 2012.3
フクシマは世界を変えたか―ヨーロッパ脱原発事情 片野 優  河出書房新社 2012.4
大飯原子力発電所はこうしてできた 大飯町企画財政課長 永井學調書 語り手 永井 學/聞き手 金井 利之(編者)・五百旗頭 薫(編者)・荒見 玲子 公人社 2015.04.20
原子力の環境責任―サイエンスとエネルギー政策の展開― 勝田 悟 中央経済社 2013.4
市民のエネルギーシナリオ 2050 将来の望ましいエネルギー構造 勝田 忠広著/原子力資料情報室 編 原子力資料情報室 2003.1
「環境中における自然放射能の動態に関する研究」研究会報告 昭和51年度文部省科学研究費総合研究(A)研究報告書 桂山 幸典・辻本 忠 編 京都大学原子炉実験所 1977.8
原子力と冷戦―日本とアジアの原発導入 加藤 哲郎・井川 充雄 編 花伝社 発行/共栄書房 発売 2013.3
3.11 死に神に突き飛ばされる 加藤 典洋 岩波書店 2011.11
世界思想社 現代哲学叢書 災害論―安全性工学への疑問 加藤 尚武 世界思想社 2011.11
原発テレビの荒野―政府・電力会社のテレビコントロール― 加藤 久晴 大月書店 2012.4
日本再生 最終勧告 原発即時ゼロで未来を拓く 加藤 寛 ビジネス社 2013.3
死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日 門田 隆将 PHP研究所 2012.12
「吉田調書」を読み解く―朝日誤報事件と現場の真実 門田 隆将 PHP研究所 2014.11.28
あなたを守りたい〜3・11と母子避難〜 海南 友子 子どもの未来社 2013.08.17
原発と自治体 「核害」とどう向き合うか 金井 利之 岩波書店 2012.3
〈エネルギー法研究シリーズU〉 日独比較原子力法―第1回日独原子力法シンポジウム― 金沢 良雄 編 第一法規出版 1980. 10
「原発」、もう一つの選択 「使用済み核燃料」を処理できる原子炉がある 金子 和夫 ごま書房新社 2015.03.07
岩波ブックレット836 原発は不良債権である 金子 勝 岩波書店 2012.5
原発は火力より高い 金子 勝 岩波書店 2013.8
原発ゼロノミクス 脱原発社会のグランドデザイン 金子 勝・飯田 哲也 著/eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会) 編 合同出版 2013.07.10
3.11 慟哭の記録 71人が体感した大津波・原発・巨大地震 金菱 清 (東北学院大学 震災の記録プロジェクト) 編  新曜社 2012.2
だまして進める高レベル処分場づくり―岐阜県東濃・超深地層研究所 兼松 秀代 報告/創史社 編集制作協力  核のゴミキャンペーン 発行 2002.9
なぜ 「原発」 か―感情論では、人間の危機は救えない 加納 時男 祥伝社 1989.03.25
震災後に考える 東日本大震災と向きあう92の分析と提言 鎌田 薫 監修/早稲田大学・震災復興研究論集編集委員会 編 早稲田大学出版部 2015.03.11
日本の原発地帯 鎌田 慧 河出書房新社 1988.8
原発列島を行く 鎌田 慧 集英社 2001.11
日本の原発地帯 鎌田 慧 新風舎 2006.9
日本の原発危険地帯 鎌田 慧 青志社 2011.4
原発暴走列島 鎌田 慧 アストラ 2011.5
ルポ下北核半島 鎌田 慧 岩波書店 2011.8
六ヶ所村の記録 上・下 鎌田 慧 岩波書店 1991.3/1991.4
石をうがつ 鎌田 慧 講談社 2013.06.28
岩波ブックレット824 さようなら原発 鎌田 慧 編 岩波書店 2011.12
原発をとめる・戦争をとめる―わたしたちの金曜行動+全国のさまざまなアクション+アジアの市民運動・ハンドブック 鎌田 慧・広瀬 隆・木幡 ますみ・黒田 節子・たんぽぽ舎・再稼働阻止全国ネットワーク 編 梨の木舎 2016.03.11
原子力と宗教―日本人への問い 鎌田 東二・玄侑 宗久  角川学芸出版 発行/角川グループパブリッシング 発売 2012.3
資源がわかればエネルギー問題が見える 環境と国益をどう両立させるか 鎌田 浩毅 PHP研究所 2012.6
はやく、家にかえりたい。 福島の子どもたちが思う いのち・かぞく・みらい 鎌田 實 監修/ふくしま子ども未来プロジェクト(U-E.P.) 編 合同出版 2012.5
子どもの未来社*ブックレット 鎌仲監督 VS 福島大学1年生 3.11を学ぶ若者たちへ 鎌仲 ひとみ・中里見 博 編著 子どもの未来社 2012.6
原発避難計画の検証―このままでは、住民の安全は保障できない 上岡 直見 合同出版 2014.1
脱原発の市民戦略 上岡 直見・岡 將男 共著 緑風出版 2012.3
原発を止めた裁判官 井戸謙一元裁判官が語る原発訴訟と司法の責任 神坂さんの任官拒否を考える会 編 現代人文社 発行/大学図書 発売 2013.08.15
<早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える>シリーズ19 東日本大震災と環境汚染―アースドクターの診断 香村 一夫・名古屋 俊士・大河内 博 著 早稲田大学出版部 2012.6
平和のエネルギー―トリウム原子力 ガンダムは“トリウム”の夢を見るか? 亀井 敬史 雅粒社 2010.9
美味しんぼ 「鼻血問題」 に答える 雁屋 哲 遊幻舎 2015.02.10
東電株主代表訴訟 原発事故の経営責任を問う 河合 弘之 現代人文社 発行/大学図書 発売 2012.7
原発訴訟が社会を変える 河合 弘之 集英社 2015.09.22
DVD 日本と原発 私たちは原発で幸せですか? 河合 弘之 製作・監督/海渡 雄一 構成・監修 Kプロジェクト 制作・発売 2014
脱原発 河合 弘之・大下 英治 共著 青志社 2011.6
原子力の政治経済学 川上 幸一 平凡社 1974.8
原発放浪記 全国の原発を12年間渡り歩いた元作業員の手記 川上 武志 宝島社 2011.9
避難する権利、それぞれの選択―被曝の時代を生きる 河ア 健一郎・菅波 香織・竹田 昌弘・福田 健治 著 岩波書店 2012.06.06
原発3キロメートル圏からの脱出 今日まで・・・そしてこれから 川崎 葉子 致知出版社 2014.3
チェルノブイリと福島 河田 昌東 緑風出版 2011.12
公開討論会 浜岡1号機問題とエネルギー問題 河田 昌東 監修/伊那谷いのちがだいじ!!連絡会 編集・発行 41ページ 1989.09.15
なぜドイツは脱原発を選んだのか 巨大事故・市民運動・国家 川名 英之 合同出版 2013.07.30
原子力安全問題ゼミ 小出裕章 最後の講演 川野 眞治・小出 裕章・今中 哲二 著 岩波書店 2015.08.28
能登原発史 川端 郁郎 川端 郁郎 1988.4
3・11後を生きるキリスト教 ブルトマン、マルクス、バッハから学んだこと 川端 純四郎 新教出版社 2013.01.30
原子力発電所の建設に関する研究―コールダーホール改良型を中心として― 川畑 整理 著 日本原子力発電 1969.9
魚は人間の手では作れない 原発で苦しむ漁民の立場から 川辺 茂 樹心社 発行/星雲社 発売 1984.8
ディベート・フォー・アトミックプラント―原子力をめぐる3人の討論― 河村 昌憲 現代図書 発行/星雲社 発売 2015.08.24
福島原発人災記―安全神話を騙った人々 川村 湊 現代書館 2011.4
日本人は「脱原発」ができるのか―原発と資本主義と民主主義 川本 兼 明石書店 2012.2
日本人は「脱原発」ができるのか―原発と資本主義と民主主義 川本 兼 明石書店 2012.2
脱原発・再生文化論 川元 祥一 御茶の水書房 2011.12
東電福島原発事故総理大臣として考えたこと 菅 直人 幻冬舎 2012. 10
菅直人「原発ゼロ」の決意―元総理が語る福島原発事故の真実 菅 直人 七つ森書館 2014.02.15
自然エネルギー白書 2013 環境エネルギー政策研究所(ISEP) 編 七つ森書館 2013.5
地域の資源(ヒト・ワザ・カネ)を活かす再生可能エネルギー事業 環境エネルギー政策研究所(ISEP) 編著/法政大学サステイナビリティ研究所 協力 金融財政事情研究会 発行/きんざい 販売 2014.6
まだ、まにあうのなら―私の書いた いちばん長い手紙 甘蔗 珠恵子 地湧社 1987.7
まだ、まにあうのなら―私の書いた いちばん長い手紙  甘蔗 珠恵子 地湧社 2006.4
原子力政策学 神田 啓治・中込 良廣 編 京都大学学術出版会 2009.11
美しい村に放射能が降った 飯舘村長・決断と覚悟の120日 菅野 典雄 ワニ・プラス 発行/ワニブックス 発売 2011.8
原子力を追って 一記者の回想 菊江 栄一 中日新聞本社 1981.11
原子力を追って 一記者の回想 菊江 栄一 中日新聞本社 1981.11.16
フクシマ漂流  東日本大震災・福島第一原子力発電所事故から4年目の福島を行く 菊池 和子 写真・文/藤島 昌治 詩 遊行社 2015.03.01
原発をつくった私が、原発に反対する理由 菊地 洋一 角川書店 2011.7
フクシマ・震災後の生活保障―大学生たちの目で見た現状 菊池 馨実 編著/早稲田大学 菊池ゼミ+福島大学 長谷川ゼミ 著 早稲田大学出版部 2013.04.20
原子力発電の危険性 技術と人間 1976年11月臨時増刊号 技術と人間 1976.11.30
いのち育くむふるさと―窪川原発反対闘争の記録― 北 あきら 太平洋文学会 1981.7
日本は再生可能エネルギー大国になりうるか 北澤 宏一 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012.6
原子力発電の根本問題と我々の選択 バベルの塔を後にして 北澤 宏一、栗林 輝夫 著/日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター 編 新教出版社 2013.10.25
ルポルタージュ 原発ドリーム―下北・東通村の現実 北原 耕也 本の泉社 2012.11
苦縁 東日本大震災 寄り添う宗教者たち 北村 敏泰 徳間書店 2013.3
原発推進者の無念 避難所生活で考え直したこと 北村 俊郎 平凡社 2011. 10
芦浜原発はいま 芦浜原発二十年史 北村 博司 現代書館 1986.4
原発を止めた町 北村 博司 現代書館 2011.4
日本の原子力施設全データ 完全改訂版 「しくみ」と「リスク」を再確認する 北村 行孝・三島 勇 共著 講談社 2012.2
原子力発電をどうするか 日本のエネルギー政策の再生に向けて  橘川 武郎 名古屋大学出版会 2011.8
応用経営史 福島第一原発事故後の電力・原子力改革への適用 橘川 武郎 文眞堂 2016.03.15
原発事故後の環境・エネルギー政策―弛まざる構想とイノベーション 橘川 武郎・植田 和弘・藤江 昌嗣・佐々木 聡 編著 冨山房インターナショナル 2012.5
検証 福島原発事故記者会見2―「収束」の虚妄 木野 龍逸 岩波書店 2013.2
検証 福島原発事故・記者会見3―欺瞞の連鎖 木野 龍逸 岩波書店 2014.2
原発スキャンダル 木原 省治 七つ森書館 2010.5
九州原発ゼロへ、48の視点―玄海・川内原発の廃炉をめざして― 木村 朗 編 南方新社 2013.2
核時代の神話と虚像―原子力の平和利用と軍事利用をめぐる戦後史 木村 朗・高橋 博子 編著 明石書店 2015.07.30
原子の火燃ゆ 未来技術を拓いた人たち  木村 繁 プレジデント社 1982.9
電気がなくても、人は死なない。 元・東電原子炉設計者が教える愉しい「減電ライフ」 木村 俊雄 洋泉社 2015.03.18
官邸の100時間 木村 英昭 岩波書店 2012.8
原子力規制委員会は再稼働推進委員会―人と環境を守らない規制なんて要らない― 木村 雅英 (再稼働阻止全国ネットワーク) 著 たんぽぽ舎 2015.03
震災、放射能汚染、復興、新たな段階 共生社会システム学会 編 農林統計出版 2013.7
原発問題に「無関心」なあなたへ。―GENPATSU TALK MESSAGE― 吉良 さおり (出版社キラジェンヌ代表) 発起人・他32名 著/村田 康子・保泉 昌広 編 キラジェンヌ 2012.9
科学技術の視点から 原発に依存しないエネルギー政策を創る 石炭火力発電を当面利用すれば、経済的な負担のない原発代替は可能だ 久保田 宏 日刊工業新聞社 2012.2
なぜメルケルは「転向」したのか―ドイツ原子力四〇年戦争の真実 熊谷 徹 日経BP社 発行/日経BPマーケティング 発売 2012.1
木質エネルギービジネスの展望 熊崎 実 全国林業改良普及協会 2011.2
脱原発の経済学 熊本 一規 緑風出版 2011.11
電力改革と脱原発 熊本 一規 緑風出版 2014.12
がれき処理・除染はこれでよいのか 熊本 一規・辻 芳徳 著 緑風出版 2012.7
原発爆発 倉澤 治雄 高文研 2013.07.01
プルトニウム燃料産業―その影響と危険性 核戦争防止国際医師会議報告書 クリスチアン・キュッパース・ミヒャエル・ザイラー 共著/鮎川 ゆりか 訳/高木 仁三郎 解説 七つ森書館 1995. 10
君は原子力を考えたことがあるか 福井県原子力行政40年私史  来馬 克美 著 ナショナル ピーアール 発行/文藝春秋企画出版部 編集制作 2010. 10
地産地消のエネルギー革命 もう原発には頼らない 黒岩 祐治 PHP研究所 2011.11
規制の―グループシンクが日本を滅ぼす 黒川 清 講談社 2016.03.09
ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ 黒古 一夫 編 勉誠出版 2011.12
福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊 黒田 光太郎・井野 博満・山口 幸夫 編 岩波書店 2012.11
ベラルーシ、ウクライナ、ロシアにおけるチェルノブイリ原発事故研究の現状調査 (付録CD)付き 研究代表者 今中 哲二 平成12〜14年度科学研究費補助金 (基盤研究 (B) (2))研究成果報告書 2003.4
原子力発電の安全性 原子力安全問題研究会 編 岩波書店 1975.3
正しく知ろう! 原子力がわかる事典 しくみから放射線・原発まで 原子力教育を考える会 監修 PHP研究所 2012.9
原発総被曝の危機―いのちを守りたい 原子力行政を問い直す宗教者の会 編 游学社 2011.11
日本の原子力60年 トピックス32 原子力資料情報室 編/西尾 漠 文/今井 明 写真 原子力資料情報室 2014.3
原子力損害賠償の実務 原子力損害賠償実務研究会 編 民事法研究会 2011. 10
福島に生きる 玄侑 宗久  双葉社 2011.12
被災地から問う この国のかたち 玄侑 宗久・和合 亮一・赤坂 憲雄 著 イースト・プレス 2013.06.06
たんぽぽ舎パンフ48 原子力の終焉とJCO臨界事故 小泉 好延 著 たんぽぽ舎 2001.9
放射能汚染の現実を超えて 小出 裕章 北斗出版 1992.1
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 創史社 発行/八月書館 発売 2010.12
原発のウソ 小出 裕章 扶桑社 2011.6
原発はいらない 小出 裕章 幻冬舎ルネッサンス 2011.7
知りたくないけれど、知っておかねばならない原発の真実 小出 裕章 幻冬舎 2011.9
原発ゼロ世界へ 小出 裕章 エイシア出版 2012.1
小出裕章 原発と憲法9条 小出 裕章 絲社 2012.1
原発のないふるさとを 小出 裕章 批評社 2012.2
騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実 小出 裕章 幻冬舎 2012.4
福島原発事故―原発を今後どうすべきか 小出 裕章 河合文化教育研究所 発行/河合出版 発売 2012.4
「最悪」の核施設六ケ所再処理工場 小出 裕章 集英社 2012.8
今こそ〈暗闇の思想〉を―原発という絶望、松下竜一という希望 小出 裕章 一葉社 2013.1
小出裕章 核=原子力のこれから―生まれ故郷で語る [第2回 核・原子力のない未来をめざす市民集会 台東「3・11 原発震災以降を私たちはどう生きるか」より収録] 小出 裕章 本の泉社 2011. 10
100年後の人々へ 小出 裕章 集英社 2014.02.19
原発ゼロ 小出 裕章 幻冬舎ルネッサンス 2014.02.20
日本の原子力推進策は破綻した 大事故の前に原子力から撤退を 小出 裕章 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2003.6
人類の歴史と核 貧困に苦しむ人々とエネルギー浪費をする人々 小出 裕章 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2007.6
地球温暖化問題の本質 「原子力発電所」を正しく呼ぶと「海暖め装置」 小出 裕章 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2007.6
危険な原発に、迫る地震の脅威、プルサーマルはさらに危険を増やす  小出 裕章 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2010.2
原発はいらない! 福島原発事故で明らかになったこと 小出 裕章 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2012.7
意見陳述―2011年5月23日参議院行政監視委員会会議録 小出 裕章 後藤 政志 石橋 克彦 孫 正義             亜紀書房 2011.12
原子力村の大罪 小出 裕章 西尾 幹二 佐藤 栄佐久 桜井 勝延 恩田 勝亘 星 亮一 玄侑 宗久 著  KKベストセラーズ 2011.9
いのちか原発か 小出裕章☓中嶌哲演 小出 裕章・中嶌 哲演 風媒社 2012.3
原発事故後の日本を生きるということ 小出 裕章・中嶌 哲演・槌田 劭 著/四方 哲 企画・プロデュース 農山漁村文化協会 2012.11
ケンカ白熱教室! 放射能はどこまで安全か? 小出 裕章✕小林 泰彦 共著 幻冬舎 2013.6
アウト・オブ・コントロール―福島原発事故のあまりに苛酷な現実 小出 裕章✕高野 孟 共著 花伝社 発行/共栄書房 発売 2014.1
被爆者医療から見た原発事故―被爆者2000人を診察した医師の警鐘 郷地 秀夫 かもがわ出版 2011.8
経営哲学からの責任の研究 厚東 偉介 文眞堂 2013.12
原発と日本はこうなる 南に向かうべきか、そこに住み続けるべきか 河野 太郎 講談社 2011.11
もう原発はいらない! 郡山 昌也 取材・インタビュー・構成 ほんの木 2012.8
原発の倫理学 古賀 茂明 講談社 2013.11.28
ドキュメント・東海村 火災爆発と臨界事故に遭遇した原子力村の試練 國分 郁男・吉川 秀夫(ソシオエナージー・プロジェクト21) 編著 ミオシン出版 1999.12
人間と原子力 〈激動の75年〉 原子爆弾・原子力発電・放射線被曝 國米 欣明 幻冬舎ルネッサンス 2013.2
〈ルポ〉原発はやめられる ドイツと日本 その倫理と再生可能エネルギーへの道 小坂 洋右 寿郎社 2013.8
原子力教科書 放射線安全学 小佐古 敏荘 編著 オーム社 2013.5
浜岡原子力発電所の地盤の安全性を検証する―申請書を基本にして 越路 南行 本の泉社 2014.3
核の世紀 日本原子力開発史 小路田 泰直・岡田 知弘・住友 陽文・田中 希生 編 東京堂出版 2016.03.20
エネルギー・環境100の大誤解 小島 紀徳・鈴木 達治郎・行本 正雄 編著 コロナ社 2009.3
放射能とナショナリズム 小菅 信子 彩流社 2014.03.11
脱原発の社会経済学―〈省エネルギー・節電〉が日本経済再生の道 小菅 伸彦 明石書店 2014.03.11
原子力災害からいのちを守る科学 小谷 正博・小林 秀明・山岸 悦子・渡辺 範夫 著 岩波書店 2013.2
活断層上の欠陥原子炉 志賀原発―はたして福島の事故は特別か 児玉 一八 東洋書店 2013.4
放射線被曝の理科・社会 四年目の『福島の真実』 児玉 一八・清水 修二・野口 邦和 著 かもがわ出版 2014.12
憂国の原子力誕生秘話 後藤 茂 エネルギーフォーラム 2012.9
カタストロフィーの経済思想―震災・原発・フクシマ― 後藤 宣代・広原 盛明・森岡 孝二・池田 清・中谷 武雄・藤岡 惇 著 昭和堂 2014.3
わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット 003 「原発をつくった」から言えること 後藤 政志 クレヨンハウス 2011.12
デンジレンジャーVSダイシゼンガー ネット版 後藤 政志・白 六郎 原案/白 六郎 脚色・漫画 中井書店 2015.08.03
いま福島で考える 震災・原発問題と社会科学の責任 後藤 康夫・森岡 孝二・八木 紀一郎 編 桜井書店 2012. 10
「都市問題」 公開講座ブックレット26  第32回 「都市問題」 公開講座 どう処理する、震災廃棄物 後藤・安田記念東京都市研究所 編集・発行   2012. 10
東日本大震災と災害周辺科学 木庭 元晴 編著 古今書院 2014. 10
高速増殖炉と軽水炉 どこがちがうの? ムリがたたって危険がいっぱい 小林 圭二 ストップ・ザ・もんじゅ 2008.1
世界の高速増殖炉の事故と現状 小林 圭二 ストップ・ザ・もんじゅ 2008.12
たんぽぽ舎パンフ76 もんじゅ運転再開・六ヶ所村 本格稼働を阻止するために 小林 圭二 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2010.4
「熊取」からの提言―怒れる六人の原子力研究者たち― 小林 圭二 編 世界書院 2012.2
動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない 小林 圭二/原子力資料情報室 編 七つ森書館 2010.12
プルトニウム発電の恐怖2―フクシマの過ちを繰り返さないために 小林 圭二・西尾 漠 編著 創史社 発行/八月書館 発売 2011.12
プルトニウム発電の恐怖―プルサーマルの危険なウソ 小林 圭二・西尾 漠 編著 創史社 発行/八月書館 発売 2006. 10
原子力と人間―闇を生む光 小林 公吉 菁柿堂 2005.11
人間の手に負えない原子力 (上) 小林 公吉 著/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2012.5
楢葉町史 第一巻 通史上 (付録付) 小林 清治 校閲/楢葉町史編纂委員会 編 福島県楢葉町 1991.12
シュタイナーの時代意識と原子力 小林 直生 涼風書林 2012.12
対話型講義 原発と正義 小林 正弥 光文社 2012.3
ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論 小林 よしのり 小学館 2012.8
原発にしがみつく人びとの群れ―原発利益共同体の秘密に迫る 小松 公生 新日本出版社 2012.1
原子力のサバイバル1 (生き残り作戦) ゴムドリ CO. 文/韓 賢東 絵/HANA韓国語教育研究会 訳 朝日新聞出版 2013.7
3.11を生きのびる 小森 陽一 編 かもがわ出版 2011.9
原子力損害賠償制度の成立と展開 小柳 春一郎 日本評論社 2015.08.25
放射能汚染から食と農の再生を 小山 良太・小松 知未・石井 秀樹 編著 家の光協会 発行/家の光出版総合サービス 制作 2012.8
原発大国の真実 コリーヌ・ルパージュ 著 長崎出版 2012.6
国際原子力ロビーの犯罪 チェルノブイリから福島へ コリン・コバヤシ 以文社 2013.7
原発立地・大熊町民は訴える 木幡 仁・木幡 ますみ 共著 柘植書房新社 2012.5
シリーズ[環境問題を考える] 3 東電・福島第一原発事故備忘録〜原子力利権と地球温暖化説が日本を壊滅させた 近藤 邦明 不知火書房 2011.5
電力化亡国論〜核・原発事故・再生可能エネルギー買取制度 近藤 邦明 不知火書房 2012.12
原子力発電所で働く人々 近藤 駿介 編著 ERC出版 1998.12
所感―高レベル放射性廃棄物処分懇談会の意見のとりまとめを終えて― 近藤 次郎 (原子力委員会 高レベル放射性廃棄物処分懇談会座長) 原子力委員会 高レベル放射性廃棄物処分懇談会 1998.5
新潟県中部沖地震による柏崎刈羽原発の損壊 近藤 正道・山崎 久隆 講演/たんぽぽ舎 編 たんぽぽ舎 2008.2
原発・再処理・高速増殖炉・核燃料輸送 反対各種運動手引書 近藤 好 編 あすの原子力を考える会 1977.8
3.11 ある被災地の記録〜浪江町津島地区のこれまで、あのとき、そしてこれから〜 今野 秀則 福島県社会福祉協議会 2014.03
星と稲妻の旗の下に ある電力労働者の物語 斎木 清 つむぎ出版 2004.12
<早稲田大学ブックレット 「震災後」に考える>シリーズ27 原発政策を考える3つの視点―震災復興の政治経済学を求めて B 齋藤 純一・川岸 令和・今井 亮佑 著 早稲田大学出版部 2013.2
原発依存の精神構造 日本人はなぜ原子力が「好き」なのか 斎藤 環 新潮社 2012.8
原発の安全と行政・司法・学界の責任 斎藤 浩 編 法律文化社 2013.7
原発危機の経済学―社会科学者として考えたこと 齊藤 誠 日本評論社 2011. 10
震災復興の政治経済学―津波被災と原発危機の分離と交錯 齊藤 誠 日本評論社 2015.10.20
非常時対応の社会科学―法学と経済学の共同の試み 齊藤 誠・野田 博 編 有斐閣 2016.03.10
核エネルギー政策―現状分析と展望 斎藤 優・佐藤 栄一 共編 日本国際問題研究所 1979.3
シリーズ 臨界事故のムラから1 原子力事故と東海村の人々 原子力施設の立地とまちづくり 齊藤 充弘 那珂書房 2002.6
原発の来た町 原発はこうして建てられた 伊方原発の30年 斉間 満 南海日日新聞社 2002.5
未来へ今 佐伯 民江 朝日出版社 2012.3
3・11で現実化した「成長の限界」が日本を再生する 酒井 徹・岩見 一太・深澤 雅子・田中 素樹 編/泉田 賢吾 編集協力 小学館クリエイティブ 発行/小学館 発売 2011.6
福島第一原発の一番長い7日間 酒井 直行 PHP研究所 2012.4
報告第53集 原発事故避難問題から見える福島の現状 阪上 武 講演/国連・憲法問題研究会 編 国連・憲法問題研究会 2012.9
聞いてください 脱原発への道しるべ 坂田 静子 オフィスエム 2011.6
坂田昌一原子力をめぐる科学者の社会的責任 坂田 昌一 岩波書店 2011. 10
下北・プルトニウム半島 坂本 龍彦 朝日新聞社 1994.2
NO NUKES 2012 ぼくらの未来ガイドブック 坂本 龍一+編纂チーム 編 小学館スクウェア 2012.7
原子力の深い闇 “国際原子力ムラ複合体”と国家犯罪 相良 邦夫 藤原書店 2015.06.30
電気のごみ (高レベル放射性廃棄物) 地層処分最前線を学ぶたび―スウェーデン・フランス― 崎田 裕子・鬼沢 良子・中岡 悦子・植木 恭子(NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット) 著/松田 美夜子 解説 リサイクル文化社 発行/星雲社 発売 2011.2
闘う市長 被災地から見えたこの国の真実 桜井 勝延・開沼 博(聞き手) 著 徳間書店 2012.3
原発の「老朽化対策」は十分か 桜井 淳 日刊工業新聞社 1990.4
原発のどこが危険か 世界の事故を検証する 桜井 淳 朝日新聞社 1995.2
プルサーマルの科学 21世紀のエネルギー技術を見通す 桜井 淳 朝日新聞社 2001.11
福島第一原発事故を検証する 人災はどのようにしておきたか 桜井 淳 日本評論社 2011.7
原子力発電は安全ですか? 桜井 淳 論創社 2012.1
福島原発事故の科学 桜井 淳 日本評論社 2012.4
日本「原子力ムラ」行状記 桜井 淳 論創社 2013.12
原発裁判 桜井 淳 潮出版社 2011. 10
日本 「原子力ムラ」 惨状記―福島第一原発の真実 桜井 淳 論創社 2014.09.10
原発の後始末 脱原発を加速